« CD聴盤日記(8/15):昨日の聴盤分です。 | トップページ | CD聴盤日記(8/16)その2:午後の部です。 »

2009年8月16日 (日)

CD聴盤日記(8/16)その1:日中LP編

今日は日曜。なのでいつものように、プリ・アンプとアナログ・レコープレ
ーヤーの週一回の稼働日。
80年代のLPを4枚聴盤。
4枚ともCD化を切に願ってやまない代物。今日のカラっと晴れた気持ちの
良い天気にピッタリの明るくてホノボノとしていて、優しい演奏ばかり。
ますます気持ちよく癒されるCD(LP?)バカなのでした。

Photo

上段左:Rockphonics -Get The Picture?-
好度:5
ジャンル:ギター・ポップ
感想:ミドルテンポの爽やかなフォーキー・ソングが耳に残る。88年作。
   オルタナ臭のない直球のギター・サウンドがそのまま聴く人間の体
   にスッと何の抵抗も入ってくる感じ。
   ボーカルも若干鼻にかかる甘い声。カントリー調にならないレベル
   でとどまっているところも良い。
   ルーツィーさはないが、アメリカンな雰囲気がホノボノと漂うような
   演奏である。
   このバンド二人組みであるが、更に二人のメンバーを加え、Hip Ripper
   という新バンドで活動を継続した。このHip Ripper ではルーツ色を
   強め、CDを二枚リリースしている。
   参考までに、数年前に買った時の感想を上げておきます。

Hipripper_2Hip Ripper -Go!-
好度:5
ジャンル:ルーツ・ポップ

 

感想:購入店ユニオンの手書きポップでは、Smithereens,Spongetones を
   引き合いに出していたが、演奏スタイル、メロディー展開とも、この2バ
   ンドとは明らかに異なる。
   アメリカの良心と称されることに対しては、なるほどその通りであるが、
   このバンドはもっとストレートでアメリカンでルーツィである。
   Andrew Cash の出だしの曲のような爽やかさとストレートさが最後まで失
   われないのは特筆もの。
   渋谷ユニオンで購入。

Hipripper2_2Hip Ripper -Let's Go Out !-
好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック

 

感想:Hootie & Te Blowfish とは別のレベルで優良なルーツ・ロック。
      Jerry Gidens(ex.Walking Wounded) に似たドスの効いたボーカル。
      演奏はストレートなギタードリブンなギター・ロック。
    
上段右:Curtiss A -A Scarlet Letter-
好度:4
ジャンル:ギター・ポップ

感想:87年のアルバム。一聴して頭に浮かんだのは Marshall Crenshaw 。
   ボーカルも演奏実に良く似ている。サウンドに若干エコーが掛かった
   ドリーミーな雰囲気とかも本当にそっくり。
   プロデュースは NRBQ の AL Anderson で、」なるほどと納得。
   捨て曲無し。全曲ミドルテンポの爽やかで温か味のあるギター・ポップ。
   こういう良いアルバムがなぜCDかされないのか、本当に不満。

下段左:Last Roundup -Twister!-
好度:4
ジャンル:オルタナ・カントリー
感想:男女二人ずつの4人組み。ホノボノ系のヒルビリー・ロック。87年作。
   スカスカの音空間に、フィドル、バンジョー、ウォッシュボード、ラップス
   チール、マンドリン等の素朴な楽器の音色が響く。
   明るく楽しくのどかな演奏が繰り広げられる。
   メンバーの女性二人は、いずれも、ソロや別バンドでも活躍。現役のミュー
   ジシャンである。
   Amy Rigbyはソロで何作もCDをリリース。非常に素直なフォーク・ロックベ
   ースの演奏を披露している。つい昨年は、夫であるパブ・ロックの代表アー
   ティスト、Wreckless Eric とのデュオ作をリリースした。
   Angel Dean はパワフルなオルタナ・カントリーで、World Famouse Ble Jays
   等と競演している。
    
下段右:Balham Alligators -s/t
好度:4
ジャンル:ケイジャン・ロック
感想:パブ・ロック界の名脇役的な重鎮、Geraint Watkins が率いるケイジャン・
   ロックバンドの87年作。アコーディオン、フィドルをメイン楽器に、ダン
   サブルで陽気な演奏をブンチャカ・ブンチャカと奏でている。
   これを聴いて楽しくならなかったらウソである。
   アップテンポの曲ではどこまでも突き抜けていくようなドライブ感がある。
   最高にハッピーなアルバム!!

|

« CD聴盤日記(8/15):昨日の聴盤分です。 | トップページ | CD聴盤日記(8/16)その2:午後の部です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

アナログレコード」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

80'sUSインディー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(8/16)その1:日中LP編:

« CD聴盤日記(8/15):昨日の聴盤分です。 | トップページ | CD聴盤日記(8/16)その2:午後の部です。 »