« CD聴盤日記(8/19):Don Dixon 物聴盤終了 | トップページ | 雑誌「ステレオ」9月号(今月号)はまるでアキュフェーズアンプ特集!! »

2009年8月20日 (木)

CD購入日記(8/20):ブルー・スペックCDサンプラー

51owfm6zpql__sl500_aa240_ 411zmgok8il__sl500_aa240_ 51kndneddil__sl500_aa240_

 

 

 

"聴き比べ体感! Blu-spec CD×CD ロック編
"聴き比べ体感! Blu-spec CD×CD ロック編2
"聴き比べ体感! Blu-spec CD×CD クラシック編2

今日、ブルー・スペックCDのサンプラー3枚が届いた。
ブルー・スペックCDは、最近はやりの高音質ディスクの一つで、SHM-CDや
HQ-CDのある意味お仲間。
それぞれ高音質化への方式は全く異なる。
HQ-CDは実際に所有していないのでその効果は不明だけど、SHM-CDはやはり
サンプラーでその効果を体験した。
SHM-CDはCDの盤材により光の透過度の高い素材を用いて、データの読取精度を
高めることで高音質化を図っている。
サンプラーでは同一マスタテープから起こした通常CDとSHM-CDがついていて
両者の比較が出来るようになっている。
ポッポスサンプラーでは全くその効果を感じることが出来なかった。
しかし、クラシック編では、5,6回のブラインドテストで100%その効果を識別
することが出来た。
さて、今度はブルー・スペックCD。
これは、CDのピットをより精緻にすることで信号精度を物理的に高めようというもの。
CDに記録された物理的な信号自体は全く同じSHM-CDと異なり、信号記録自体
が異なるということで、どれだけの効果が期待出きるのか楽しみ。
どちらの方式も、ディジタル信号自体は全く同じなので、その物理特性の違いでどれだ
け高音質カが実現出きるかという取り組みである。
比較試聴の結果はじっくりと時間を掛けて行ないたいので、又日を改めて。

|

« CD聴盤日記(8/19):Don Dixon 物聴盤終了 | トップページ | 雑誌「ステレオ」9月号(今月号)はまるでアキュフェーズアンプ特集!! »

音楽」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD購入日記(8/20):ブルー・スペックCDサンプラー:

« CD聴盤日記(8/19):Don Dixon 物聴盤終了 | トップページ | 雑誌「ステレオ」9月号(今月号)はまるでアキュフェーズアンプ特集!! »