« CD聴盤日記(9/20):昨日の店頭購入物その3 | トップページ | CD聴盤日記(9/22):Not Lame 購入物から3枚。 »

2009年9月21日 (月)

CD聴盤日記(9/21):一昨日購入物の残り3枚。Gene Clark 他

今日の聴盤は一昨日購入分の残り3枚。
今日はCD保存部屋に午前中からずっとこもってCDの整理を行なっていました。
CDの収納棚はジャンル別に分けているのですが、未整理のCDが増え、なかな
か棚に収納出来ずにいたので、今日は思い切って丸一日を整理に向けました。
でも未整理の半分も終わらず、夜になってしまいました。
なので、今日はここまでとして夕食後は普通に聴盤。
CD整理の続きは又明日の予定です。

002
左上:Gene Clark -Gene Clark With The Gosdin Brothers-
 好度:4
 ジャンル:フォーク・ロック
 感想:言わずもがな、Byrds メンバーの脱退後の1stソロで67年作。
    これが07年にSundazed よりボーナストラック付きで多分リマスタリン
    グされての再発。
    これが出だしでショック。勿論悪い意味で。Roger McGuinn の70年代の
    ソロ作には、Byrds からかけ離れた普通のロックサウンド、又はAORサ
    ウンドが多く、ガッカリしていたので、このGene Clark のソロも、出だし
    がどうでも良いフルートやストリングス等のオーケストラをバックに、
    ロックとは関係無いポップスサウンドで始まったことで、Gene Clark も
    か?とガックリと力が抜けてしまったのである。
    しかし、2曲目から変化。シンプルなアコギとエレキギターのフォーク・
    ロックサウンド。まさにByrds直系のサウンド。
    曲が進むと、なんと、まだByrdsが演っていないカントリー・ロックサウ
    ンドも飛び出す。Gene Clark は後に、Dillrads & Clark というブルーグ
    ラス~ヒルビリー・ロックのバンドを組むほどのカントリーに接近する人。
    この1st時点で既にその萌芽が芽生えていたのである。
    このアルバムは初期 Byrds タイプのフォーク・ロックと後期 Byrds のカ
    ントリー・ロックの両方のパターンを聴くことの出来る正に名盤である。

右上:V.A. -Rebels Of Rock N Roll #1-
 好度:4
 ジャンル:ロカビリー~カウ・パンク
 感想:Straight Razor Records というレーベルのコンピレーション。
    全バンド、ロカビリー~カウパンクの威勢の良いバンドばかりで、ハ
    ード・ドライヴィンな演奏をぶちかます。
    アメリカンなルーツ・テストと、パンキッシュなパワフル感、ドライ
    ヴ感の見事な融合。
    ここに収録されている全バンド、24バンドの内、知っているのはわ
    ずか1バンド、Supersuckers のみ。でも、このコンピを聴いて、全
    てアルバムで聴きたくなってしまった。

下:Rick Shea "Bound for Trouble"
 好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック~オルタナ・カントリー
 感想:アメリカン・ルーツロック界のボス、Dave Alvin との親交深いカン
    トリー・ロッカーの05年作。実はこのCDのリリースに気付いてお
    らず、購入していなかった。今年、新譜のリリースがあり、その時の
    検索で一緒にヒットして存在に気付いたもの。
    ここ数年はアコースティックなフォーク調の作品が多く、ロッキン度
    低めで今一の感があった。
    この05年作もジャケットが地味なだけに、地味路線かなと思ったら
    大ハズレ。先ず、奏者のクレジットを見て、ベースとドラムが入って
    いるバンド編成であることを確認。
    そして、ゲストの中に、Dave Alvin の名前も確認。期待は高まる。
    一曲目から、腰の据わった重量感のあるリズム隊の力強いサウンドが
    響き渡る。間違いなくルーツ・ロッキンな演奏である。
    2曲目で少しアコースティックな演奏になるが、3曲目で少し歪ませ
    たロッキンなエレキギターが全体を支配している。間違いなくこのギタ
    ーは Dave Alvin。クレジットを確認したら大正解。
    やっぱり Dave Alvin のギターは格好よい。
    と喜びながらライナーを読んでいたら、ショック。なんとこのアルバム
    2000年に別のタイトルでリリースされていたものに、楽曲追加と
    各曲ごとに追加レコーディングを施した新装盤であった。
    ただ、追加レコーディングが又すごい。Walter Clevenger がエンジニア
    である。実に贅沢な新装盤。満足である。

|

« CD聴盤日記(9/20):昨日の店頭購入物その3 | トップページ | CD聴盤日記(9/22):Not Lame 購入物から3枚。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(9/21):一昨日購入物の残り3枚。Gene Clark 他:

« CD聴盤日記(9/20):昨日の店頭購入物その3 | トップページ | CD聴盤日記(9/22):Not Lame 購入物から3枚。 »