« 読書日記(9/12):恩蔵茂「FM雑誌と僕らの80年代 『FMステーション』青春記」 | トップページ | CD聴盤日記(9/14):Not Lame 購入物(ギター・ポップ/パワー・ポップ)の聴盤開始 »

2009年9月14日 (月)

CD購入日記(9/14):Los Lobos のデビュー前の貴重盤!

V.A. "Si Se Puede!"
L90553rbljf 好度:3
ジャンル:ラテン歌謡
 

 

感想:このCD、Cesar Rosas のアルバムとして紹介されていたので
   「へえ~、70年代にはこんなラテン歌謡も出していたのか」
   と感心して購入したもの。でも、色々バイオグラフィーを調べて
   も、このアルバムのことは一切出てこない。
   「こりゃ又、同姓同名の別人か?」と怪しんだものの、もし本当
   に旧作だったら大変な買逃し
で深い後悔をすることになる。
   入手出来ない後悔よりも、不要なものを買った後悔の方がその度
   合いを浅く見るCDバカは、間違い覚悟で購入。
   結果、同姓同名どころか、そもそも名前が違っていた!!
   Rosas ではなく、Cesar Chavezの作品集。全然違う。
   「やっぱりなあ」と覚悟はしていたのでそれほどショックはない。
   で、せっかくなので聴いてみた。
   「いいじゃないか!」これが率直な感想。
   Julio Igresias のようなラテンポップスから Trio Los Panchos の
   ようなコテコテのラテン歌謡まで、ラテン物は基本的に大好きなCD
   バカには、このCDは十分にストライク。
   これは Panchos タイプの、伝統的なラテン歌謡。やはり歌は上手い。
   録音も悪くない。まあ、怪我の功名である。
   と、ここまで書きながら、ボーカルが曲毎に変るので、改めて参加ミ
   ュージシャンのクレジットを確認して驚いた。
   何と、ボーカルは色々な人が担当しているが、バックは Los Lobos
   なのである。76年のアルバムなので、Steve Berlin が加入前のLos
      Lobosである。しかも、Los Lobosのアルバムデビューは78年で、
   Los Lobos Del Este De Los Angeles という長ったらしいバンド名で
   通称、Yellow Album をリリースした。これ以前の音源で、ちゃんと、
   この長ったらしいバンド名でクレジットされているのである。
   いやあ~、これは参った。Cesar Rosas のソロではなく
   Los Lobos の無名時代の参加アルバムであった。貴重盤である。
   大正解!!良かった良かった。

|

« 読書日記(9/12):恩蔵茂「FM雑誌と僕らの80年代 『FMステーション』青春記」 | トップページ | CD聴盤日記(9/14):Not Lame 購入物(ギター・ポップ/パワー・ポップ)の聴盤開始 »

音楽」カテゴリの記事

CD購入日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ラテン歌謡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD購入日記(9/14):Los Lobos のデビュー前の貴重盤!:

« 読書日記(9/12):恩蔵茂「FM雑誌と僕らの80年代 『FMステーション』青春記」 | トップページ | CD聴盤日記(9/14):Not Lame 購入物(ギター・ポップ/パワー・ポップ)の聴盤開始 »