« 今日の晩ご飯:ソースカツ丼。 | トップページ | CD購入日記(9/8):13枚到着 »

2009年9月 8日 (火)

聴盤日記(9/8):Costello 他3枚

今日の聴盤は3枚。今月到着物です。昨日到着の Costello
も含めて、現時点の未聴は無し。
まだまだ未到着分があるので、到着までは又特定のアーティスト紹介を
アップしようと思います。

Smokestack Lightnin' -Modern Twang-
41f9b0az3wl__sl500_aa240_好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック~オルタナ・カントリー

 

 

感想:ドイツのルーツ・ロックバンド。
   演奏はひたすらアメリカーナ。カントリー、ロカビリー、ロックン
   ロールというルーツ・ミュージックを基盤に置いたストレートな演
   奏。オルタナ・カントリーとは言いながら、ギターを歪ませたり、
   楽器の響きを抑えて乾いた空気感を出したりというようなサウンド
   にはしていない。伝統的とも思えるようなトゥワンギー・サウンド
   全開で、流行には一切迎合せず、好きな音楽を楽しく、陽気に聴か
   せようという雰囲気が一杯。
   アコーディオンとトライアングルをフィーチャーしたケイジャンも
   まるで、幼稚園や小学校の運動会を思わせるような陽気さと素朴さ
   で楽しさ一杯。
   本当にドイツにおいておくのはもったいないバンドである。

John Fogerty "The Blue Ridge Rangers Rides Again"
51illbrjhvl__sl500_aa240_ 好度:4
ジャンル:カントリー・ロック

 

 

感想:Buddy Miller,Greg Leisz がほぼ全曲に参加したバンド編成。
   しかし音は完全にカントリ-・ロック。
   それも、キコキコしたフィドルとか、ぽよ~んとしたペダルスチール
   とかをフィーチャーした実に伝統的なスタイルのカントリー・ロック
   である。
   この Blue Ridge Rangers は35年以上前の73年に出したアルバム
   と同タイトル。このコンセプトを復活させたカントリー・ロックで
   ある。
   最後の曲では Bruce Springsteen がゲスト参加し、パワフルな演奏を
   披露している。

Elvis Costello "Secret, Profane & Sugarcane"
611rwrbuabl__sl500_aa240__2 好度:4
ジャンル:オルタナ・カントリー

 

 

感想:およそ25年振りのT- Bone Burnett のプロデュース。
   King Of America に続くルーツ・ロックを期待したら、ちょっと
   ルーツ過ぎた。
   もろにカントリーである。
   Stuart Duncan のフィドルと、Jerry Douglas のドブロは全曲で
   フィーチャー。この布陣でカントリー以外はあり得ない。
   穏やかでのんびりした楽曲が多く、ヒルビリー調である。
   でもこのバックにコステロの独特の声が絡むと、これが立派にオ
   ルタナカントリーになるのである。

|

« 今日の晩ご飯:ソースカツ丼。 | トップページ | CD購入日記(9/8):13枚到着 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聴盤日記(9/8):Costello 他3枚:

« 今日の晩ご飯:ソースカツ丼。 | トップページ | CD購入日記(9/8):13枚到着 »