« CD聴盤日記(10/1)その1:メジャーアーティスト、Bruce Hornsby です。 | トップページ | CD聴盤日記(10/1)その3:70年代歌謡曲、オズの1stです。 »

2009年10月 1日 (木)

CD聴盤日記(10/1)その2:本日到着のルーツ・ロック物です。

Will Hoge "The Wreckage"
51atgnqkzsl__sl500_aa240__2 好度:4
ジャンル:オルタナ・ルーツ・ロック
 

 

感想:力強い鍵盤が入る、Bob Seger タイプのアメリカン・ロックで一気に
   鷲づかみ。以降も少しだけ今風に歪ませサウンドでパワフルなアメリ
   カン・ロックを披露。
   Eric Ambel を彷彿とさせるオルタナ・ルーツ・ロックである。
   楽曲は非常にメロディアスで、良い意味の古臭さを漂わせ、懐かしさ
   を感じる。
   ギターでドライブするアーシーなルーツ・ロックを聴かせる。
   Will Hoge は01年にメジャーの Atlantic からデビュー。メジャー
   臭さゼロのオルタナ・ルーツ・ロックを引っさげての登場であった。
   メジャーがこんなにインディー臭い音楽を出すことに驚いたが、やは
   り2年後の2作目でAtlantic を離れる。
   再登場するのは4年後の07年。インディー大手の Ryko に移籍。
   勿論、オルタナ・ルーツ・ロック路線のまま。
   信頼出来るル-ツ・ロッカーである。

|

« CD聴盤日記(10/1)その1:メジャーアーティスト、Bruce Hornsby です。 | トップページ | CD聴盤日記(10/1)その3:70年代歌謡曲、オズの1stです。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(10/1)その2:本日到着のルーツ・ロック物です。:

« CD聴盤日記(10/1)その1:メジャーアーティスト、Bruce Hornsby です。 | トップページ | CD聴盤日記(10/1)その3:70年代歌謡曲、オズの1stです。 »