« CD聴盤日記(10/4/)その1:昨日店頭購入のパワー・ポップ物。ハズレあり。 | トップページ | CD聴盤日記(10/4)その3:河合その子ボックスから3rdアルバムです。 »

2009年10月 4日 (日)

CD聴盤日記(10/4/)その2:昨日店頭購入のルーツ・ロック物。ハズレあり。

今日の聴盤のルーツ・ロック分です。
ハズレが2枚。でもまあ、厳密な意味でのハズレではない?

Commander Cody Abd His Lost Planet Airmen -The Early Years 1967-1970-
612f1cgaf6l__sl500_aa240_ 好度:2
ジャンル:カントリー・ロック
 

 

感想:タイトル通り、実に古い録音であまりに古く、これは完璧にマニア向け。
   Commander Cody のCDは出れば買っている私は間違いなくファン。
   そのファンである私にも、聴くのがつらいこのCDは超ファン向け。
   ノイズもすごいし、録音はチープだし、楽曲も特に目(耳)を引くもの
   はないし。
   残念。

The Dirtyy Strangers -West 12> To Wittiering-
518tbuddb5l__sl160_aa160_ 好度:4
ジャンル:ロックンロール
 

 

感想:いわゆるストーンズタイプのワイルドでストレートなロックンロール
   バンドの09年作。
   Dr.Feel Good や InMates,Pirates,Count Bishops 等のR&Bスタイル
   のパブ・ロックバンド達を彷彿とさせる。
   時にカントリータッチのほのぼのした演奏が入り、良いアクセントに
   なっている。
   デビューアルバムと同様、Keith Richards,Ron Wood が参加している。
   出来れば、フルボリュームで爆音で聴きたい一枚である。

High Society -I Never Go Cut In The Rain-
1053592 好度:2
ジャンル:ジャズ・ポップ~ルーツ・ポップ
 

 

感想:バンド名通り、実にハイソで優雅な演奏が「普通の人」には楽しめそうな
   音楽です。
   これを「パワー・ポップ」と紹介し腐った、ユニオン店員、出て来い!!
   と怒り心頭。
   でも途中リタイヤせずに、結局最後まで聴いてしまったということで、音
   楽自体は悪くない。好みの問題。
   なのでしょうがない、赦そう。
   クラリネットが全曲にフィーチャーされ、これがジャズっぽさを演出して
   いる。
   最後の方の数曲では、ペダルスチールを聴かせ、カントリー風味を出して
   いてこれはなかなか良かった。
   休日、のんびり構えずに聴くのが良さそうな音楽である。

Marshall & The Fro -s/t-
515q83eyfyl__sl500_aa240_ 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

感想:南部臭プンプンのグルーブ感がヤケに格好よい。
   これはオーストラリアのバンド。ブルースベースのドスの効いた演奏。
   パワフル一辺倒ではなく、レゲエ調の脱力物もあり、緩急のバランス
   が良いアルバム構成となっている。

|

« CD聴盤日記(10/4/)その1:昨日店頭購入のパワー・ポップ物。ハズレあり。 | トップページ | CD聴盤日記(10/4)その3:河合その子ボックスから3rdアルバムです。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(10/4/)その2:昨日店頭購入のルーツ・ロック物。ハズレあり。:

« CD聴盤日記(10/4/)その1:昨日店頭購入のパワー・ポップ物。ハズレあり。 | トップページ | CD聴盤日記(10/4)その3:河合その子ボックスから3rdアルバムです。 »