« CD聴盤日記(11/12)その1:ルーツ・ロック系2枚。 | トップページ | CD購入日記(11/13):アマゾン物4枚到着。 »

2009年11月12日 (木)

CD聴盤日記(11/12)その2:80年代USインディーズのギター・ポップ物です。

本日の聴盤3枚目は、80年代USインディーズのCD化物です。
Mitch Easter、Chris Stamey、Gene Holder 等が製作に関わった
アルバムです。

Pylon  "Chomp"
61weegqcgpl__sl500_aa240_  好度:4
 ジャンル:ギター・ポップ~カレッジ・ポップ
 

 

 

 

 

 

 感想:Pylon は80年代USインディーズの中ではニューウェーブ風味の強い
    ギター・ポップバンド。Let's Active や Fetchin Bones といったクセ
    のあるバンドと同じタイプ。
    このアルバムは彼らの2ndアルバムで83年作の嬉しいCD化。
    プロデュースやエンジニアにGene Holder、Chris Stamey、Mitch Easter
    等がクレジットされている。
    ギターサウンドと人工臭プンプンのシンセ音を上手く絡め、そこにネジレ
    感のあるメロディーを乗せた独特の演奏世界を構築している。
    ボーカルは下手ウマな女性ボーカルというのも、雰囲気作りに一役買って
    いる。
    今聴くと、妙に古臭くて、懐かしい感じさえする演奏である。
    こういうネジレ感、不協和音の世界というのは、ビートルズの世界では
    受け入れることが出来なかったのに、何故か80年代のUSインディー
    ズバンドの音楽だと抵抗無く受け入れることが出来る。
    間違いなく、彼らのルーツはビートルズの中期のあのサウンドにあるこ
    とが、この前のビートルズボックス聴盤で理解しただけに、不思議感は
    つのる。

|

« CD聴盤日記(11/12)その1:ルーツ・ロック系2枚。 | トップページ | CD購入日記(11/13):アマゾン物4枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

Mitch Easter」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

80'sUSインディー」カテゴリの記事

コメント

こもりさん、初めまして。大変嬉しいコメントをありがとうございます。
80年代USインディーズに興味をお持ちの方からコメントを頂けて本当
に嬉しいです。このジャンルはとてもマイナーなので、ブログにアップは
するものの、さてご覧になる方がいるのだろうかと、弱気でおりました。
新規購入CDの聴盤が完了して、次の購入まで間あるときには、又80
年代USインディーズ物をピックアップして聴盤をしたいと思っています。
是非又お越し下さい。
ではでは。

投稿: CDバカ | 2009年11月26日 (木) 22時15分

はじめまして、こもりと申します。

僕も Pylon は購入しまして、うれしく聴きました。
こちらのオーナーさんのCD購入の熱意はすばらしいですね。僕は最近は予算の都合もあって、年間10枚くらいです。。。

が、80年代ものは昔買ったもので聴きつないでおります。

これからもお邪魔しますのでよろしくお願いいたします。

投稿: こもり | 2009年11月26日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(11/12)その2:80年代USインディーズのギター・ポップ物です。:

« CD聴盤日記(11/12)その1:ルーツ・ロック系2枚。 | トップページ | CD購入日記(11/13):アマゾン物4枚到着。 »