« CD購入日記(11/19):アマゾン購入物1枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/19)その2:由紀さおりのコンプリート・シングル・ボックスから、その1。 »

2009年11月19日 (木)

CD聴盤日記(11/19):先週到着物からルーツ系3枚。

今日も先週到着物から。
ルーツ・ロック系3枚です。たまたまですが、全て女性アーティスト。

Kristie Stremel -10 years-
Stremel5  好度:5
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:Lou Whitney プロデュース&全面参加のアメリカン・ルーツ・ロックアルバム。
    01年のフルアルバムデビューからプロデュースはずっと Lou Whitney という
    ことで、安心印の女性ロッカー。本作は06年作で3枚目。
    尚、6曲入りのEPは00年に出しているのでこれを含めると4枚目。
    演奏スタイルは、Del-Lords~Eric Ambel~Scott Kempner という都会派のル
        ーツ・ロック。
    ドライブ感タップリの気持ちの良い演奏。勿論、ネジレ感や歪み感など一切無し
    の直球勝負。非常に男臭い演奏である。
    おそらく、Joan Jett や Pretenders などを引き合いに出されることと思う。
    バックには、Lou Whiney のほか、Ron Gremp,Joe Terry,Kelly Brown といっ
    た、なぜか D. Clinton Thompsin を除く Skeletons の面々が参加。
    ルーツ・ロクから、爽やかで横ノリのフォーク・ロックまで、メロディアスな
    楽曲で捨て曲なし。久々に文句なしの満点である。

Kristie Stremel -The Detour Ep-
Stremel2  好度:4
 ジャンル:フォーク・ロック
 

 

 

 

 

 感想:これは00年のデビュー作で6曲入りのEP盤。
    バンド編成ではあるが、感触として弾き語りに近い。
    しかし、力強さは十分に感じられ、穂弱さはゼロで迫力がある。
    でも、やっぱりこのパターンでは5曲程度が限界かな。

Oh Susanna "Short Stories"
51eafv3oppl__sl500_aa240_  好度:3
 ジャンル:フォーク・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 

 感想:フルアルバムデビューは01年。このデビュー作は弾き語りタイプで
    退屈そのもの。なので、以降のアルバムには興味は沸かなかったのだ
    が、03年の2ndが出た時に、都内ショップの試聴機に入っていて、
    試しにに聴いてみたら、これがオルタナ・カントリーのりのロッキン
    な内容で実に良かった。結局2ndも購入していた。
    で、今回のこの最新作、2nd路線であることを期待しての購入であっ
    たが、残念ながら、1st路線。バンド編成の曲もあるが、それも弾き
    語りに毛の生えた程度で、お世辞もロッキンとは言えない。
    退屈なアルバムであった。残念。

|

« CD購入日記(11/19):アマゾン購入物1枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/19)その2:由紀さおりのコンプリート・シングル・ボックスから、その1。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

Lou Whitney~Skeletons」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(11/19):先週到着物からルーツ系3枚。:

« CD購入日記(11/19):アマゾン購入物1枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/19)その2:由紀さおりのコンプリート・シングル・ボックスから、その1。 »