« CD購入日記(11/30):アマゾン本国から4枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/30)その2:先々週店頭購入した和物、クールスです。 »

2009年11月30日 (月)

CD聴盤日記(11/30)その1:先週到着物から洋物2枚です。

今日の洋物聴盤はルーツ系を2枚。

Sean O'Brien "Seed of Mayhem"
51pe1p8p0rl__sl500_aa240_  好度:4
 ジャンル:オルタナ・ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 

 感想:80年代のUSインディーのロックバンドで True West を率い、90年代は
    ソロのルーツ・ロッカーとして活躍した Russ Tolman がギターで参加したア
    ルバム。しかし、この Sean O'Brien は全くの初物。
    買う前に他のアルバムも調べたら、何と、Bill Davis(Dash Rip Rock)や Chris
        Von Snidern が参加している。
    これはもう間違いないと判断して購入した。
    結果はまあまあ。
    オルタナ色の強い演奏と、アコーディオンなどをフィーチャーしたストレート
    なルーツ・ロックが半々。
    オルタナ色の強い演奏の方は、ネジレ感のあるメロディーと歪んだ音の、いか
    にも、インディー・ギターバンドの音。
    しかし、ルーツ・ロックの方は、爽やかさすら感じる演奏である。
    まあ、全体的には合格。他のアルバムも手を出す価値あり。

Brad Colerick "Lines in the Dirt"
I89212vh5g6  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 感想:以前このブログの中で紹介した Rob Laufer というルーツ系のSSWがプロデ
    ュースにクレジットされていることを知り購入したもの。(参考:10/5のブログ)
    しかし、中を確認したら、一曲だけのプロデュースであった。
    しかし、ゲスト参加者に、Lowen & Navarroや Herb Pedersen が参加という豪
    華な布陣。これは期待出来る。
    プレーヤーにセットしてプレイボタンを押して出てきた音は、まるで
    Desert Rose Band のような爽やかなウェストコーストカントリー。
    全曲、爽やかでメロウなカントリー・ロックとフォーク・ロック。
    誠実そうな優しいボーカルと、口笛なんかもフィーチャーされ、癒し度満点の
    演奏である。
    文句なしに過去作オーダー!!

|

« CD購入日記(11/30):アマゾン本国から4枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/30)その2:先々週店頭購入した和物、クールスです。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(11/30)その1:先週到着物から洋物2枚です。:

« CD購入日記(11/30):アマゾン本国から4枚到着。 | トップページ | CD聴盤日記(11/30)その2:先々週店頭購入した和物、クールスです。 »