« CD聴盤日記(12/20)その1:昨日の店頭購入分。John David Souther、Commander Cody And His Lost Planet Airmen、Mary Mulliken、Heidi Happy、Arbouretum。 | トップページ | CD聴盤日記(12/20)その3:スウェーデンの女性ポップスシンガー、Carola です。 »

2009年12月20日 (日)

CD聴盤日記(12/20)その2:先週の到着分。Not Lame購入の聴盤開始。Joy Lippard、RENO BO、THE DOUGHBOYS (w/ Richard X. Heyman)。

聴盤夜の部は、先週到着のネット注文分。
パワー・ポップ専門店、Not Lameからの購入物もありすが、今日聴いたものは、ロック
ンロール、ルーツ・ロックでした。

Joy Lippard "Outside and In"
517b4sktfil__sl500_aa240_  好度:2
 ジャンル:メジャー・ポップス~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 

 感想:今年の新譜を購入して、これが Lucinda Williams バリのオルタナ・カントリー
    ~フォーク・ロック路線で、良い演奏だった。
    で、過去作を探して見つけたのがこのアルバム。
    ジャケット雰囲気があまりに違うので、別人かと危ぶんだが、本人のHPで確認
    して、間違いないことを確認して購入した。
    出だしの音が、あまりに違う。メジャー系ポップスの打ち込みサウンドで始まる。
    でも、まあここからアコギが絡んで、エレキギターが絡んで、という具合で結局
    は期待通りのルーツ・ロック路線に戻るかな、と思ったが、戻らなかった。
    曲によっては、今年の最新作と同路線の演奏もあるが、基本的には違う。
    一般的な意味で普通の女性ポップ・ロックであった。残念。
    でも、オルタナ・カントリー路線の楽曲があり、今年の最新作は全曲この路線と
    いうことで、今後は良い感じかなと思うことで納得することにした。

RENO BO - Happenings And Other Things -
Cdrenebo1  好度:4
 ジャンル:ガレージ~ギター・ロック~パワー・ポップ~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 

 

 感想:ガレージ、ギター・ポップ、パワー・ポップという様々なギター・ロック
    の要素が詰まった演奏と楽曲。
    Replacements、Counting Crows、R.E.M. 等々、そのバックに見え隠れする
    優良バンド達は多数。
    骨太でメロディアスでアーシー。しかし、カントリーとかフォークとかブ
    ルースといった直接的なルーツ・ミュージックへのアプローチはない。
    そういう意味ではルーツ・ロックと言うには若干の抵抗がある。
    しかし、この骨太感とアーシー感はルーツ・ロック抜きで語ることの難し
    さを主張している。
    何ともジャンル分けが困難な、ノン・ジャンルでのギター・ロックの魅力
    に溢れた演奏となっている。
    CD-Rによる自主制作盤のようで、何と、プレス数は200枚のみ。
    実にもったいない話である。

THE DOUGHBOYS (w/ Richard X. Heyman) - Act Your Rage -
Cddoughboys2  好度:4
 ジャンル:ロックンロール~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:これは驚き。Richard X.Heyman 参加ということで、パワー・ポップかと
    思いきや、泥臭いハーモニカがブンブン唸りまくり、鍵盤はカンカンと
    力強くロールし、サックスがブローする、黒っぽいロックンロール。
    R&Bを軸にした初期ストーンズとか、Dr.Feelgood とか、InMates とか
    のタフでワイルドなロックンロールである。
    現在のバンドで言えば、Black Crows辺り。
    フルボリュームで聴きたい一枚である。

|

« CD聴盤日記(12/20)その1:昨日の店頭購入分。John David Souther、Commander Cody And His Lost Planet Airmen、Mary Mulliken、Heidi Happy、Arbouretum。 | トップページ | CD聴盤日記(12/20)その3:スウェーデンの女性ポップスシンガー、Carola です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/20)その2:先週の到着分。Not Lame購入の聴盤開始。Joy Lippard、RENO BO、THE DOUGHBOYS (w/ Richard X. Heyman)。:

« CD聴盤日記(12/20)その1:昨日の店頭購入分。John David Souther、Commander Cody And His Lost Planet Airmen、Mary Mulliken、Heidi Happy、Arbouretum。 | トップページ | CD聴盤日記(12/20)その3:スウェーデンの女性ポップスシンガー、Carola です。 »