« CD聴盤日記(12/28):ルーツ・ロック系です。Willy Clay Band、T-Bone Burnett、Mason Ruffner。 | トップページ | CD聴盤日記(12/30)その1:Not Lame バックオーダー分を含む3枚。R.E.M.、DWIGHT TWILLEY、DELETED WAVEFORM GATHERINGS。 »

2009年12月30日 (水)

CD聴盤日記(12/29):Shakin' Stevens です。

今日は仕事納め。
聴盤は一枚だけとなりました。

Shakin' Stevens -Let's Boogie
Lets_boogie_holland  好度:4
 ジャンル:ポップ・ロック
 

 

 

 

 

 

 感想:これは87年の7作目。このアルバムはこれまでのロカビリー~ロックン
    ロール路線とは明らかに異なる演奏、音作りである。
    ポップス色が前面に出ている。又、キーボードによる人工音が全体を厚く
    覆っている。
    勿論、これまでと同様の路線の曲もあるが、この大きな変化は本当に驚き。
    これまでベストアルバムが多数あって色々聴いてきたが、ここまでポップ
    ス色濃厚な曲は初めて聴いた。
    87年というシンセ、人工音全盛の時代背景によるものかもしれない。
    そしてこのアルバム最大の特徴は、20分以上に及ぶ、ライブ音源での
    17曲のヒット曲メドレー。
    ノリノリから、オールディーズ風まで、Shaky の魅力全開&てんこ盛り。
    このアルバムは企画アルバムなのだ思う。面白い構成である。

|

« CD聴盤日記(12/28):ルーツ・ロック系です。Willy Clay Band、T-Bone Burnett、Mason Ruffner。 | トップページ | CD聴盤日記(12/30)その1:Not Lame バックオーダー分を含む3枚。R.E.M.、DWIGHT TWILLEY、DELETED WAVEFORM GATHERINGS。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ロカビリー~カウ・パンク」カテゴリの記事

Shakin' Stevens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/29):Shakin' Stevens です。:

« CD聴盤日記(12/28):ルーツ・ロック系です。Willy Clay Band、T-Bone Burnett、Mason Ruffner。 | トップページ | CD聴盤日記(12/30)その1:Not Lame バックオーダー分を含む3枚。R.E.M.、DWIGHT TWILLEY、DELETED WAVEFORM GATHERINGS。 »