« 読書日記(1/13):高田崇史「QED 御霊将門」 | トップページ | CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 »

2010年1月13日 (水)

CD聴盤日記(1/13):新年の注文物の聴盤開始。Nitty Gritty Dirt Band、Caroline Herring。

今日の聴盤からは、新たに到着CDとなります。
昨日までギター・ポップ中心に聴いてきたので、今日はルーツ系で。

The Nitty Gritty Dirt Band "Speed of Life"
The_nitty_gritty_dirt_band_3  好度:4
 ジャンル:オルタナ・カントリー
 

 

 

 

 

 感想:60年代から活動する大ベテランのカントリー・ロックバンド。
    これまでも T-Bone Bunett がプロデュースしたり、かなりロック寄り
    のアルバムは出していた。しかし、この09年作は、オルタナ・カン
    トリーのテイストを持ち、今風のザラツキ感をまとった演奏となって
    いる。
    又、マンドリン、フィドル、バンジョー、ラップスチール等のカント
    リー御用達楽器は勿論、ほぼ全曲にフィーチャーされているハーモニ
    カが泥臭さを最大限に演出。
    まるで、Steve Earle の新作を聴いているかのような錯覚を覚えるほ
    どである。

Caroline Herring "Golden Apples of the Sun"
Caroline_herring_2  好度:3 
 ジャンル:弾き語り
 

 

 

 

 

 感想:オルタナ・カントリー系の女性SSWであるが、このアルバムはジャケ
    ット雰囲気通り、シンプルな弾き語り物であった。
    ただ、シンディー・ローパーの True Color のカバーなどもあり、楽曲
    自体はメロディーラインがしっかりしているし、ありがちな、スポーク
    ンスタイルではなく、ちゃんと歌である。
    又演奏も、ギター以外にピアノ物もあり、退屈感のないアルバムであっ
    た。

|

« 読書日記(1/13):高田崇史「QED 御霊将門」 | トップページ | CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/13):新年の注文物の聴盤開始。Nitty Gritty Dirt Band、Caroline Herring。:

« 読書日記(1/13):高田崇史「QED 御霊将門」 | トップページ | CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 »