« CD購入日記(1/13):注文CD到着開始!!いきなり16枚。 | トップページ | CD聴盤日記(1/13):新年の注文物の聴盤開始。Nitty Gritty Dirt Band、Caroline Herring。 »

2010年1月13日 (水)

読書日記(1/13):高田崇史「QED 御霊将門」

Qed以前読んだ小説に対し「他の作品にまで手を伸ばす気にはなれない」という感想を抱いた作者のものであるが、今回のテーマが「平将門」であるため、買わずに はいられなかった。
やはり期待通り、実に面白みの無い内容で、改めて「他の作品は読むまい」と認識を新たにさせてもらえた。
小説としての、物語としての面白さが全くない。
更に歴史謎解きというテーマにおけるなぞと、その解釈の面白さが全くない。

先ず、小説、物語としての面白さに関して。
ストーリーの大きな軸は2つ(通常は縦糸と横糸という関係になるのだが..)。
  一つ目は主人公(謎解き担当)とその取り巻き(引き立て役)が行なう、平将門
 ゆかりの地の訪問。これが全く物語としての体を成していない。
 事件も無ければ、なぞの深まりもまない。将門に関連するゆかりの地でのエピソ
 ードの紹介と、その解説が続くだけ。場所を転々と移動するのであるから、せめ
 てその場所移動に意味を持たせるとか、あるいは、前の場所でたまたま知ったな
 ぞを解く鍵を求めて別の場所に移動するとか、そういう物語的な構成がまるでな
 い。最初から回るコースを決めているし、その場所に来て初めて何かが分かるで
 もなく、まるで観光ガイドのように、説明を展開していく。なんのために現地に
 行くのか意味が分からない。知っているなら行かなくても良いじゃないかと思っ
 てしまう。要は「これは何だ?」「これは一体どういうことだ?」という驚きが
 全くない。全て最初から知っていることを確認しているだけにしか見えない。

 二つ目は、なんだか唐突に現れた、過去に主人公達と関連を持った女性が、一人
 成田山詣でをして、そこでストーカー被害に会いそうになるというストーリー。
 この2つの軸は、物理的には交わるが、ストーリーとして全く関連を持たない。
 将門の怨霊説を覆すというテーマと、この女性の成田詣でがどういう形で結びつ
 くのかと思っていたが、全く関係なかった。別にこのストーカーエピソードが
 なくても全く問題なし。
 なぜ、こんなストーカー事件(しかも未遂)を入れたのか意味が分からない。
 しかも、さんざん、ストーカーの犯人をある人物と思わせておいて、というより
 も、その人物しか登場させていないし、苗字まで同じ。
 これで、実は別人という、わけの分からない落ちになっている。
 素人芸も甚だしい。

 結局、小説自体を読み進ませるような事件やなぞの提示は一切ない。
 ただ、ひたすら主人公の将門関連の講釈を読まされるだけなのである。
 では、将門講釈自体に面白みはあるのか。
 これが全くない。

 先ず、作者が作中で語る将門像であるが、これがあまりに古過ぎる。
 70年代以前の古いイメージをとうとうと語り、今では普通に浸透している
 将門=英雄論をさも新しい解釈であるかの如く語るのである。
 いまどき、将門=悪霊、悪者と思う人がどれだけいるのだろう。
 作者は、76年にNHKで放映された「風と雲と虹と」のドラマとその反響、
 そして影響を知らなかったのだろうか。
 加藤剛演じる爽やかな青年像が将門像なのである。
 紹介される将門の生涯に関するエピソードの解釈についても、ドラマを良く
 記憶する者にとっては、説得力のない解釈ばかりで、しかも中途半端。
 将門はなぜ、実の叔父を倒さねばならなかったのか、なぜ国司を襲撃せねば
 ならなかったのか、更にはなぜ新皇とまで称することになってしまったのか。
 ドラマの解釈の方が数倍の説得力がある。
 何せ、将門にとっての最大の分岐点は国司襲撃にあるはず。その経緯を「成り
 行き上仕方なかった」だけで終わり。
 どういう成り行きなのか、国司を襲撃するほどの成り行きって何なの?という
 大事な部分の解説は無い。不思議だ。
 ただ、将門怨霊封じ込めの総本山と言われる成田山を、実は将門を奉っている
 という解釈は面白い。将門自身の生涯の行動の解釈よりは、このような神社の
 ナゾのようなものを中心にすればもっと面白いものになったのではないかと思
 う。

 更に、この小説では、将門の解説本や小説からの引用が多く、自らの独自の解
 釈よりは「自分はこの意見に賛成だ」という発言が多いように思える。
 又、言葉遊びによるこじつけも多い。まあ、この手のものでは常道かも。
 高橋克彦や、明石散人のような推論の進め方がまるでない。更には、西風隆介の
 神社関連の薀蓄にも及ばない感じである。

|

« CD購入日記(1/13):注文CD到着開始!!いきなり16枚。 | トップページ | CD聴盤日記(1/13):新年の注文物の聴盤開始。Nitty Gritty Dirt Band、Caroline Herring。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記(1/13):高田崇史「QED 御霊将門」:

« CD購入日記(1/13):注文CD到着開始!!いきなり16枚。 | トップページ | CD聴盤日記(1/13):新年の注文物の聴盤開始。Nitty Gritty Dirt Band、Caroline Herring。 »