« CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 | トップページ | CD購入日記(1/15):3枚到着。まことに順調。 »

2010年1月14日 (木)

CD聴盤日記(1/15):ルーツ系3枚です。Halfway、Luther Dickinson & Sons of Mudboy、The Pines。

今日の聴盤もルーツ系です。3枚です。

Halfway "Remember the River"
Halfway  好度:4
 ジャンル:オルタナ・カントリー~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:マンドリン、バンジョーがフィーチャーされた乾いた音のオルタナ・カン
    トリー。土臭さ一杯の演奏で、Eric Ambel がプロデュースしていそうな
    演奏とサウンド。もちろんアメリカのバンドと思いきや、レーベルが
    Laughing Outlow とオージーのパワー・ポップ系のレーベルで、プロデ
    ュースが、Radio Birdman メンバーの Rob Ypunger。以外。

Luther Dickinson & Sons of Mudboy "Onward and Upward"
Luther_dickinson  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:ドブロの緩んだ針金のようなチュンチュンサウンドが泥臭さ一杯。
    いかにも南部なサウンドは、まさにJim Dickinson。これが最後のアルバム
    となってしまった。
    数多くのバンドのプロデュースを手がけた名プロデューサーとしても有名。
    最後は息子達との共演作。ホノボノ感があり、和める一枚となっている。

The Pines "Tremolo"
The_pines  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:ルーツ・ロッカー Bo Ramsey がプロデュースしたアルバム。
    ジャケットに貼られたシールにはオルタナ・フォークという表現がされ
    ているが、確かに、基本はフォーク。アコギがメインの弾き語りスタイ
    ルにドラムも入ったロックバンド編成。
    オルタナ・ルーツ・ロックとして楽しめる一枚となっている。
    歪み感はないものの、ザラツキ感がある。
    ボーカルは Steve Forbert を思わせる優しいしゃがれ声。
    渋みと優しさが良い感じで同居している。

|

« CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 | トップページ | CD購入日記(1/15):3枚到着。まことに順調。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/15):ルーツ系3枚です。Halfway、Luther Dickinson & Sons of Mudboy、The Pines。:

« CD購入日記(1/14/):今日は6枚到着です。順調、順調。 | トップページ | CD購入日記(1/15):3枚到着。まことに順調。 »