« CD購入日記(1/21):今日は一気に16枚到着。アマゾン本国と CD Bayから。 | トップページ | CD聴盤日記(1/22):今日はルーツ系2枚。Brenda Kennedy、Tom Gillam。 »

2010年1月21日 (木)

CD聴盤日記(1/21):ルーツ系、The Blazers、Mother Hips、The Kentucky Headhunters。

今日の聴盤は3枚。ルーツ系です。

The Blazers "Dreaming a Dream"
The_blazers  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:Los Lobos の弟分バンドの08年作。
    94年に Los Lobos の Cesar Rosas のプロデュースでデビュー。
    ラテンフレイバー溢れる骨太ながらカラフルなルーツ・ロックを披露。
    この08年作で6作目。前作が03年なので丸5年振り。とっくに解散
    したと思っていたところに、このバンドメンバーのソロ作が昨年リリース
    され、そう言えば、本家はどうした?と思い検索したら、この08年作が
    かかって来た。
    いやあ~、知ってよかった。
    ただ残念なのは、4人だったメンバーが2人だけになってしまい、かつ、
    昨年ソロ作を出したメンバーは抜けてしまっていた。
    しかし、演奏は全く変わらず、ラテンフレイバー溢れる骨太なルーツ・ロ
    ック。アコーディオンとバホ・セストの音色が実にノスタルジック。
    レーベルは Pete Anderson 主催の Little Dog Records。プロデュース
    はもちろん、Pete。

Mother Hips "Pacific Dust"
Mother_hips  好度:3
 ジャンル:ルーツ・ロック 
 

 

 

 

 

 感想:このバンド、90年代にサザン・ロック色の濃いカントリー系のルーツ・ロ
      ックとして聴いていた。
      この新作では、以外や、サザン・ロックというよりは、フォーク・ロック色
      が濃厚。爽やかさすら感じるメロディアスな演奏に驚き。
      でも、後半では、結構きつめのオルタナ色が出始め、サザン・ロック色がや
      はり登場。カントリーっぽさがない分、聴いていてつらい感じになってしま
      った。

The Kentucky Headhunters "Big Boss Man"
The_kentucky_headhunters  好度:4
 ジャンル:サザン・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:80年代から活動するベテラン・ルーツ・ロックバンドの05年作。
    買い逃してイタアルバム。
    ブルージーでサザン風味濃厚なハード・ロック調の演奏。しかし泥臭さ一杯であ
    り、売れ線物とは明らかに一線を画す。
    今風のオルタナ・カントリーでもない。
    後半はカントリーフレイバーが心地よい、爽やかさすら感じる演奏も聴かせてくれる。
    ストレートでパワフルなルーツ・ロックである。

|

« CD購入日記(1/21):今日は一気に16枚到着。アマゾン本国と CD Bayから。 | トップページ | CD聴盤日記(1/22):今日はルーツ系2枚。Brenda Kennedy、Tom Gillam。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/21):ルーツ系、The Blazers、Mother Hips、The Kentucky Headhunters。:

« CD購入日記(1/21):今日は一気に16枚到着。アマゾン本国と CD Bayから。 | トップページ | CD聴盤日記(1/22):今日はルーツ系2枚。Brenda Kennedy、Tom Gillam。 »