« CD聴盤日記(1/21):ルーツ系、The Blazers、Mother Hips、The Kentucky Headhunters。 | トップページ | CD購入日記(1/23):店頭購入7枚。しかし、実質4枚です。 »

2010年1月23日 (土)

CD聴盤日記(1/22):今日はルーツ系2枚。Brenda Kennedy、Tom Gillam。

今日の聴盤は2枚。ルーツ系。

Brenda Kennedy "Banish the Blue Days"
Brenda_kennedy  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:イギリスのアメリカン・ルーツ・ロッカー、Bap Kennedy の奥方のソロ作。
    08年リリース。
    ジャケット雰囲気からは、地味な弾き語り系かと想像したは、この想像は良い
    方向にハズレ。
    ちゃんとしたバンド編成でのルーツ・ロック。プロデュースはもちろん、旦那
    のBap Kennedy。
    楽器が多彩で、ヴィオラ、アコーディオン、ペダルスチール、鉄琴、ハーモニカ
    等をフィーチャー。
    全体的にはしっとり系の演奏が多いが、おしゃれな雰囲気の曲、スローだけど陽
    気な曲など、バラエティーに富んでいる。
    アメリカンな雰囲気のフォーク・ロックである。
    次の中ジャケ写真の通り、和み感に溢れた一枚。 
    Brenda_kennedy_2

 

 

  

 
Tom Gillam "Had Enough?"

Tom_gillam  好度:4
 ジャンル:オルタナ・カントリー~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:出だしの曲のドライブ感がたまらない。
    Steve Earle を彷彿とさせる、これぞ正当派のオルタナ・カントリー!!
    ボーカルスタイルは伝統的カントリースタイルながら、ギターの歪み感、演奏全
    体に漂うザラツキ感は今風のオルタナ・カントリー。
    Eric Ambel がプロデュースしていて不思議ではないサウンド。
    残念ながら Eric のクレジットはどこにもなかった。
    ドライブ感溢れる演奏も、ミドルテンポの地に足の着いた演奏も楽曲はストレー
    ト感一杯。パワフル感に満ちた一枚である。

|

« CD聴盤日記(1/21):ルーツ系、The Blazers、Mother Hips、The Kentucky Headhunters。 | トップページ | CD購入日記(1/23):店頭購入7枚。しかし、実質4枚です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/22):今日はルーツ系2枚。Brenda Kennedy、Tom Gillam。:

« CD聴盤日記(1/21):ルーツ系、The Blazers、Mother Hips、The Kentucky Headhunters。 | トップページ | CD購入日記(1/23):店頭購入7枚。しかし、実質4枚です。 »