« CD聴盤日記(2/28)その2:昨日の店頭購入分の和物です。蒲谷明子、山口百恵。 | トップページ | CD購入日記(3/3):今月の新規注文CDを発注しました。41枚。 »

2010年3月 1日 (月)

CD聴盤日記(3/1):ルーツ系です。The Stone Coyotes、Jim Malone 。

土曜の店頭購入物の聴盤も終わり、再びCD Baby物の聴盤を再開。
ルーツ系3枚です。

The Stone Coyotes -A Rude Awakening-
Stone_coyotes  好度:4
 ジャンル:ガレージ~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:00年に1stアルバムがリリース。このアルバムは09年リリースの最新作
    で9枚目。コンスタントにアルバムをリリースしている。
    女性ボーカルの3人組である。
    以前購入したアルバムでは、南部っぽさを感じさせるルーツ・ロック路線
    であったが、今回のアルバムでは、かなりダークで歪んだギターを前面に出
    し、オルタナ・カントリーを通り越してガレージの世界に踏み込んでしまっ
    た。しかも、パンクっぽさすら感じる。
    勿論、ルーツ路線のアーシーな演奏もあるが、果たしてどこを目指している
    のか。
    このまま、ガレージ路線に突き進んでしまうのか。ちょっと心配。   

Jim Malone -Malone Alone Red-
Jim Malone -Malone Alone Orange-

Jim_malone_blackJim_malone_orange  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 感想:90年代に、Safty Net レーベルからデビューし、アメリカン・ロックな
    味わいのあるギター・ロックを聴かせてくれた。
    この2枚のアルバムは久々の彼のアルバムで、08年作。
    年を重ねた分、ルーツ色が濃厚に出ており、フォーキーなルーツ・ロック
    となっている。アコースティックなサウンドが耳に心地よい。
    マルチプレーヤーらしく、全ての楽器を自分でこなしているようである。
    ギター、ベース、ドラム他、バンド物の演奏として楽しめる、リズム隊の
    しっかりとした骨太な演奏が聴ける。
    楽曲も、素直なメロディーで耳馴染みが良く、直ぐに聴き直したくなる。
    捨て曲無しのアルバムである。

|

« CD聴盤日記(2/28)その2:昨日の店頭購入分の和物です。蒲谷明子、山口百恵。 | トップページ | CD購入日記(3/3):今月の新規注文CDを発注しました。41枚。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(3/1):ルーツ系です。The Stone Coyotes、Jim Malone 。:

« CD聴盤日記(2/28)その2:昨日の店頭購入分の和物です。蒲谷明子、山口百恵。 | トップページ | CD購入日記(3/3):今月の新規注文CDを発注しました。41枚。 »