« CD聴盤日記(3/16):ギター・ポップです。Camera Obscura。 | トップページ | CD購入日記(3/17):アマゾン(日米)から9枚到着。 »

2010年3月16日 (火)

CD聴盤日記(3/16)その2:ルーツ・ロック2枚です。Boo Hewerdine、The Explosives。

Boo Hewerdine "God Bless The Pretty Things"
Boo_hewerdin   好度:4
 ジャンル:フォーク
 

 

 

 

 
 
 感想:これは09年の最新作。アコギ一本の弾き語りに限りなく近い演奏であるが、
    ドラムが全体に這いいているし、ピアノやアコーディオンが入ったり、バンジ
    ョーやフィドルが入ったりと、楽器の種類は多い。しかし、あくまで控えめ。
    なので、楽器の音の数が増えても、弾き語りという印象は変わらない。
    静かさと深みを感じさせながら、暗さはない。
    穏やかな心にさせてくれる演奏と楽曲である。
    
The Explosives "Three Ring Circus"
Explosives  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック~パワー・ポップ
 

 

 

 

 
 感想:シンプルなロックンロールから、エレキ・ギターの響きが綺麗な Byrds
    風フォーク・ロック、そしてビートルズタイプのギター・ポップと、良質
    なルーツ・ロックを聴かせてくれた。
    このバンドは、70年代末~80年代初頭が活動の中心期であり、このCD
    には、アルバム1枚(全8曲)と4枚のシングル(A,B面)が収録された
    全20曲入りのいわゆるコンプリート盤(と思う)。
    尚、シングル盤の楽曲はパワー・ポップ色が濃厚。
    このバンドのドラマー、Freddy Steady はこの後、ネオ・ルーツ・ロック
    バンド、Shakin' Apostles を結成。アルバムを5.6枚リリース。
    更に、ソロでも活動しており、アルバムを3枚はリリースしている。

    Explosives であるが、もう一枚"Kaboom"というCDが05年にリリース
    されており、このCDには25曲収録されている。となると、曲数の多い、
    この前のCDがコンプリート盤かと思うが、収録内容が異なっており、こ
    の2種のCDの違いが良く分からん。でも、今回の新作の方がオリジナル
    リリースのレコードの内容を曲順そのまま収録しているようなので、こち
    らがオリジナル盤のCD化と見える。
    過去のCDの方は編集盤という感じ。尚、過去CDの方はCD2枚組で
    2枚目はライブ盤。こちらは2枚目はライブDVD。
    なので両方のCDを買うのがベターと思う。

|

« CD聴盤日記(3/16):ギター・ポップです。Camera Obscura。 | トップページ | CD購入日記(3/17):アマゾン(日米)から9枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(3/16)その2:ルーツ・ロック2枚です。Boo Hewerdine、The Explosives。:

« CD聴盤日記(3/16):ギター・ポップです。Camera Obscura。 | トップページ | CD購入日記(3/17):アマゾン(日米)から9枚到着。 »