« CD聴盤日記(3/28)その2:ルーツ系3枚です。Sha Na Na、Maura Kennedy、BRADY HARRIS。 | トップページ | CD購入日記(3/29):今日は1枚到着。 »

2010年3月28日 (日)

CD聴盤日記(3/28)その3:堀江美都子です。

堀江美都子 「堀江美都子 40th Encore(DVD付)」
Photo_3  昨年発売された記念ボックスと、年末にリリースされた「ミッチの独言倶楽部2009」のコンセプトを合わせたような規格アルバム。
10曲のアニメソング収録CDと、昨年の40周年記念コンサートを収めたDVDという構成。
10曲のアニメソングは全て弦楽四重奏をバックにした録音音。
残念なのは、は昨年の「ミッチの独言倶楽部2009」に収録された4曲がそのまま収録されていること。
6曲は同じコンセプトでの新録である。まあ、弦楽四重奏バックの曲を一枚に収めてくれたのは嬉しいのであるが...
 堀江美都子の歌は、シンプルな演奏をバックにますます円熟味を増し、伸びやかさには磨きが掛かっている。全く衰えの気配なしである。見事!!

 で、昨夜テレビ東京で放映された「ミューズの晩餐」の中でも、このCDと同
 じ弦楽四重奏をバックに歌を披露。弦楽四重奏の演奏者は、1stヴァイリンが
 川井郁子であることは当然であるが、チェロが、CDのレコーディングとは別
 の人であったが、2ndヴァイオリンとヴィオラはCDと同じ人であった。
 4曲をメドレー(とは言っても、ちゃんとワンフレーズずつは歌い切ったので、
 メドレーに有り勝ちな不満感は無し)で歌ったが、堀江美都子の歌は安定感抜
 群。CDでは上手いのに、テレビで歌うと音程に不安定さが見えるといったこ
 とは一切ない。余裕しゃくしゃくの伸びやかな声と歌を堪能出来た。

 この番組で良かった点は、歌以外にもう一つ。
 これまでの彼女のエッセイとか、コンサートトークでも聴いたことのないエピ
 ソードを語ってくれたこと。
 特に印象に残ったのは、「キャンディ・キャンデ」ヒットの印税の使い道。
 なんと、オーディオ装置だったのである!!
 当時のシングルレコードは確か400円だったか。私も買った口。
 100万枚突破の印税であるから、5%としても2000万円、10%なら
 4000万円であり。「土地買っておけば良かった」の発言を考えると、少な
 くとも10%は行っていたのであろう。
 で、そのオーディオ装置は、バリー・マニロウの弾くピアノの音のリアリティを
 追求するためのものだったそうで、気がついたら、印税はすっかり無くなって
 しまっていたとのこと。勿論、色々の使い道の中で一番多かったのはという
 意味でしょうけど。
 相当、装置に注ぎ込んだ様子を伺い知れた面白いエピソードであった。
 まさか、それほどのオーディオマニアであったとは。全く聞いたことのない
 エピソードであった。
 又、そこまでお金を注ぎ込んでまで聴きたいという程のバリー・マニロウ
 のファンであったということも初耳で、実に面白い番組であった。

|

« CD聴盤日記(3/28)その2:ルーツ系3枚です。Sha Na Na、Maura Kennedy、BRADY HARRIS。 | トップページ | CD購入日記(3/29):今日は1枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

堀江美都子」カテゴリの記事

キッズ・ソング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(3/28)その3:堀江美都子です。:

« CD聴盤日記(3/28)その2:ルーツ系3枚です。Sha Na Na、Maura Kennedy、BRADY HARRIS。 | トップページ | CD購入日記(3/29):今日は1枚到着。 »