« 読書日記:山田正紀「神狩り」 | トップページ | CD購入日記(3/3):2月注文分の残り分から2枚到着。 »

2010年3月 2日 (火)

CD聴盤日記(3/2):ルーツ系2枚。Kevin Deal 、Memphis 59 。

Kevin Deal -Seven-
Kevin_dea  好度:4
 ジャンル:オルタナ・カントリー
 

 

 

 

 

 感想:98年にデビューしたオルタナ・カントリー・ロッカー。
    これは昨年リリースの最新作で、タイトル通りの7枚目。
    プロデュースはオルタナ・カントリー~カントリー・ロックの大御所、
    Lloyd Maines。
    ブルージーなハーモニカと、スライド・ギターが、泥臭さと田舎臭さを目
    一杯に演出。
    ザラつき感のあるギターサウンドをメインに、力強いルーツ・ロックを聴
    かせる。
    その一方で、ペダルスチールの緩んだアコースティック・サウンドのノホ
    ホンとしたヒルビリー系のカントリーがハードな曲の間に挿入され、一服
    の清涼剤として良いアクセントになっている。

Memphis 59 -Ragged But Right-
Memphis_59  好度:5
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

 感想:トゥワンギーさと、ザラツキ感を持ったオルタナっぽさの両方を持ったギ
    ター・バンド。Gear Daddies、Say Zu Zu、Billy's といったミネアポリス
    勢のカントリー・ルーツのギター・バンドを思わせる。
    あるいは又、トゥワンギーな Replacements とでも表現したくなるような
    演奏である。
    エッジの立ったギター・サウンドで、ドライブ感も十分。
    ネジレ感のないストレートなメロディーラインが直接胸に刺さってくる。
    アップテンポな曲も、タメの効いたミドルテンポの曲も、メロウな味わい
    のスローな曲も、良いバランスで収録されており、メロディーとリズムに
    体を反応させているうちに、全曲が終わってしまった。
    直ぐに頭から再生し直し、心地よい演奏に浸り直してしまった。

|

« 読書日記:山田正紀「神狩り」 | トップページ | CD購入日記(3/3):2月注文分の残り分から2枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(3/2):ルーツ系2枚。Kevin Deal 、Memphis 59 。:

« 読書日記:山田正紀「神狩り」 | トップページ | CD購入日記(3/3):2月注文分の残り分から2枚到着。 »