« 読書日記:梶尾真治「メモリー・ラボへようこそ」 | トップページ | CD聴盤日記(4/11)その2:昨日の店頭購入物からパワー・ポップ2枚。Brendan Benson、Nikki Corvette And Gorevette。 »

2010年4月11日 (日)

CD聴盤日記(4/11):昨日の店頭購入物からトラッド物2枚。Circled By Hounds、Mr.Irish Bastard。

Circled By Hounds -CHasing Our Tales-
Circled_by_hounds  好度:4
 ジャンル:トラッド
 

 

 

 

 
 
 感想:これは本当に、本物のトラッドっぽい演奏であるが、演奏は妙に骨太で、ロ
    ックな雰囲気満点。
    骨太でパワフル。
    わずか3人組みとは思えないノリと迫力に脱帽。
    楽器が、又いかにもトラッド。普通の楽器はフィドルとギターのみ。
    打楽器系は、Bodhrán Bones というタンバリンがでかくなったようなものと
    Spoons Percussion とある。
    あと、Appalachian Dulcimerという構成。他には曲ごとに、笛系の楽器も
    登場。陽気な演奏から、しっとりと物寂しげな演奏までトラッドらしさ一杯
    の演奏である。

Mr.Irish Bastard -A FISTFUL OF DIRT-
Mrirish_bastard  好度:4
 ジャンル:トラッド・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:このアルバムで何作目になるのか。少なくとも、二枚目以降であることは間
    違いない。私は1stアルバムを持っているので。
    演奏は、Pogues 直系のお祭り騒ぎのような酔いどれタイプのトラッド・パ
    ンク。
    ギター、ベース、ドラムのロックバンドの基本編成に、バンジョー、マンドリ
    ン、ティンホイッスルをアンサンブルさせたトラッド・サウンド。
    スピーディー且つ骨太なリズムでバンドをドライブしている。
    ただ、Pogues 程にボーカルはよれておらず、まもとも。
    演奏は元気一杯、どんちゃか、ぶんちゃかと、あちこちに酒、肴を撒き散ら
    しながら踊り狂ってような楽しさ一杯の雰囲気である。

|

« 読書日記:梶尾真治「メモリー・ラボへようこそ」 | トップページ | CD聴盤日記(4/11)その2:昨日の店頭購入物からパワー・ポップ2枚。Brendan Benson、Nikki Corvette And Gorevette。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ユーロ・トラッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(4/11):昨日の店頭購入物からトラッド物2枚。Circled By Hounds、Mr.Irish Bastard。:

« 読書日記:梶尾真治「メモリー・ラボへようこそ」 | トップページ | CD聴盤日記(4/11)その2:昨日の店頭購入物からパワー・ポップ2枚。Brendan Benson、Nikki Corvette And Gorevette。 »