« LP聴盤日記(4/29):教はアナログ・レコード(LP)の聴盤です。Velvet Elvis、Yum Yums、The Euclid Beach Band。 | トップページ | 読書日記(4/29):恩田陸「私の家では何も起こらない」 »

2010年4月29日 (木)

LP聴盤日記(4/29)その2:LPレコード聴盤その2はルーツ系。Da Gous Ket Ramblers、Balham Alligators、Tex And The Horseheads。

Da Gous Ket Ramblers -Let's Go To Lafayette-
Da_gous_ket_ramblers  好度:3
 ジャンル:ロカビリー~ケイジャン
 

 

 

 

 
 
 感想:非常に古臭い録音に聴こえるがこれは98年物。10インチLPである。
    キコキコとダンサブルに鳴り渡るチープなバイオリンがケイジャン特有の
    ノリノリノ「リズムで陽気な演奏を奏でている。
    まるで50年代物のような厚みの無い録音で、この面だけがNG。
    演奏自体はオーセンティックな演奏で楽しく陽気なアメリカン。

Balham Alligators -Life In The Bus Lane-
Balham_alligators  好度:4
 ジャンル:パブ・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:パブ・ロック界でのアコーディオン奏者と言えば、やはり一番手で名前が
    出るのは Geraint Watkins。その彼が組んだケイジャンン・ロックバンドが
    この Balham Alligators。
    このアルバムは88年の2ndアルバム。軽快で泥臭いロックンロール満載。
    賑やかななケイジャン・ロックから、しっとりとカントリー・バラードまで
    ベテランの安定感のある演奏で聴かせる。

Tex And The Horseheads -s/t-
Tex_and_the_horseheads  好度:4
 ジャンル:パンク~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:今で言えば、Lazy Cowgirls、ちょっと前では XやFlesh Eaters 或いは
    Replacements や Soul Asylum といったアメリカン・ロックである。
    要は、インディー臭一杯のアメリカンなギター・ロックである。
    しかし、見栄えは完璧にド派手なパンクバンド。下の写真の通り。
    Tex_and  
 
 

 

 

 
    このアルバムは84年の1stアルバムでEnigma から。
    L.A.パンクと称させる一派のバンドあるが、この時代のUSインディーズ
    系のL.A.パンクは、ルーツィーな香りが一杯に漂っていて、オルタナ・カ
    ントリーサウンドがルーツ系と認知されている現在では、オルタナ・ルー
    ツロックとして聴くことが出来る。
    このバンドのギタリストの Mike Kartt は完全にルーツ・ロッカーとし
    て活躍しており、私も彼の線からこのバンドにたどり着いた口である。
    Mike Martt は Thelonious Monster (1989-1992)、Low and Sweet Orchestra
    といったインディー、ルーツ系のバンドでも活躍していた。

Tex And The Horseheads -Life's So Cool-
Tex_and_2  好度:4
 ジャンル:カウ・パンク~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 感想;これは85年の2ndアルバムで、やはりEnigma から。
    プロデュースはXの Jon Doe が担当。
    ルーツ色が濃くなっており、カウ・パンクとも言える様な、ロカビリーと
    カントリーの融合した演奏も楽しめる。他にもカントリーフレイバーが全
    体に漂っていて、Cowslingersなども彷彿とさせられる。
    オルタナ・カントリーの先駆的なアルバムと言える。

|

« LP聴盤日記(4/29):教はアナログ・レコード(LP)の聴盤です。Velvet Elvis、Yum Yums、The Euclid Beach Band。 | トップページ | 読書日記(4/29):恩田陸「私の家では何も起こらない」 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

アナログレコード」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LP聴盤日記(4/29)その2:LPレコード聴盤その2はルーツ系。Da Gous Ket Ramblers、Balham Alligators、Tex And The Horseheads。:

« LP聴盤日記(4/29):教はアナログ・レコード(LP)の聴盤です。Velvet Elvis、Yum Yums、The Euclid Beach Band。 | トップページ | 読書日記(4/29):恩田陸「私の家では何も起こらない」 »