« CD購入日記(5/25):ネット注文分13枚到着。 | トップページ | CD購入日記(5/26):ネット注文分(和物)1枚到着。 »

2010年5月25日 (火)

CD聴盤日記(5/25):先々週の到着物からルーツ系3枚です。Jimmy Ryan、Mary Karlzen、Larry Lange。

Jimmy Ryan -Mandolin
Jimmy_ryan  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:Eric Ambel コネクションのルーツ・ロックバンド、 Blood Oranges
    メンバーのソロであるが、これはちょっとビックリ。
    タイトル通り、本当にマンドリンだけをバックに歌を歌っている。
    しかし、これが普通のギター弾き語りと違って、全く退屈感無しの
    優れもの。マンドリンの音色のよさと、歌の良さが見事にはまって
    くれた。
    適度なノリと楽曲の良さで最後まで楽しめた。
  
Mary Karlzen -Dim The Watershed
Mary_karlzen  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:Lucinda Williams の似た軽い鼻声で、フォーク・ロックベースのルー
    ツロックを聴かせてくれる。
    しかしフォーク・ロックとは言いながら、地味なタイプではなく、アメ
    リカン・ロックをベースにしたパワフルなもので、Tom Petty タイプ
    のフォーク・ロックなので、とても格好良い。
    カントリーっぽさは希薄。Carla Olson、Marlee MacLeod、更には
    Carolyne Mas といった辺りの女性ルーツ・ロッカーと同タイプのルー
    ツ・ロックである。

Larry Lange And His Lonely Knights -Crazy, Crazy Baby
Larry_lange  好度:2
 ジャンル:ブルース・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:確か、Dough Sahm 類似ア^ティスト検索でヒットした物。
    しかし、期待とはちょっと違っていた。かなりブルース・ロックとい
    うか、R&B色濃厚。
    曲によってはラテン物も登場して、この辺りではテックス・メックス
    な感じも当然あるが、全体比率としてはやはりブルースベース。
    まあ、好みの問題なので、好度は低い。
    アコーディオンがぴゃらぴゃらと奏でられえるサキサス・カントリー
    路線を期待しただけに、ギャップが大きかった。残念。

|

« CD購入日記(5/25):ネット注文分13枚到着。 | トップページ | CD購入日記(5/26):ネット注文分(和物)1枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(5/25):先々週の到着物からルーツ系3枚です。Jimmy Ryan、Mary Karlzen、Larry Lange。:

« CD購入日記(5/25):ネット注文分13枚到着。 | トップページ | CD購入日記(5/26):ネット注文分(和物)1枚到着。 »