« CD聴盤日記(5/5):先週到着物のパブ・ロック、Refreshments。 | トップページ | CD聴盤日記(5/5)その3:先週の到着物から Eric Ambel クレジット物、Ted Lukas。 »

2010年5月 5日 (水)

CD聴盤日記(5/5)その2:先週到着物からr-ツ・ロック、Don Dixonプロデュース物、Chris Allen。

Chris Allen: Things Unbroken
Chris_allen  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック~パワー・ポップ
 

 

 

 

 
 
 感想:Don Dixon がプロデュースを手がけたルーツ・ロックバンド Rosavelt の
    リーダーである Christopher Allen が彼だった。
    なので、Chris Allen のアルバムも Son Sixon がプロデュースを手がけて
    いたのである。納得。
    このアルバムは、08年作で、Don は演奏にも全面参加。ドラムには dB's
    の Will Rigby が全面参加。
    演奏は、いかにも Don Dixon のプロデュースらしい、ルーツ・ロックな演
    奏ながら、ギター・ポップな味わいもある演奏である。
    曲によっては、Replacements を思わせる、ハードドラヴィンなパワー・ポ
    ップも登場し、素直に格好良い。
    ネジレ感のない素直なメロディーはフォーキーですらあり、心地よさ満点。

|

« CD聴盤日記(5/5):先週到着物のパブ・ロック、Refreshments。 | トップページ | CD聴盤日記(5/5)その3:先週の到着物から Eric Ambel クレジット物、Ted Lukas。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

Don Dixon」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(5/5)その2:先週到着物からr-ツ・ロック、Don Dixonプロデュース物、Chris Allen。:

« CD聴盤日記(5/5):先週到着物のパブ・ロック、Refreshments。 | トップページ | CD聴盤日記(5/5)その3:先週の到着物から Eric Ambel クレジット物、Ted Lukas。 »