« CD購入日記(7/13):8枚到着です。 | トップページ | CD購入日記(7/14):4枚到着です。 »

2010年7月13日 (火)

CD聴盤日記(7/13):先週到着物からルーツ系3枚です。FREDDIE STEADY 5、ROD PICOTT、ALEJANDRO ESCOVEDO。

FREDDIE STEADY 5 -LIVE FROM SUGAR HILL STUDIOS-
Freddie_steady_5  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:Shakin' Apostles というルーツ・ロックバンドが90年代に活躍したが、
    そのバンドのフロントマンの最新ソロ作。
    もう4,5枚目になるベテランである。
    このアルバムはライブ盤でしかも録音は時代錯誤のモノラル。
    で、演奏、サウンドも、良い意味で時代錯誤な古臭いフォーク・ロック~
    カントリー・ロックで、Byrds を思わせる綺麗なギター・サウンドが印象 
    に残った。

ROD PICOTT -TIGER TOM DIXON BLUES ROUND TWO ACOUSTIC-
Rod_picott  好度:2
 ジャンル:弾き語りフォーク
 

 

 

 

 感想:オルタナ・カントリー畑のルーツ・ロッカーの5,6作目。
      しかし、これはちょっと残念なことに、アコギ一本の弾き語り。
      やはり地味な印象は否めず、楽曲の魅力もアコギ一本で勝負出来ている
      ようなレベルには達していないのである。
      残念。退屈。

ALEJANDRO ESCOVEDO -STREET SONGS OF LOVE-
Alejandro_escovedo  好度:5
 ジャンル:アメリカン・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:結構、地味なアルバムが続いていたが、一昨年のアルバムでロックンロールに
    復帰。そして、この本作は更にルーズ感とワイルド感が加わって True Belivers
    を彷彿とさせる出来になっている。
    しかも、意外やメジャー系のプロデューサー、エンジニア、そしてゲストと実に
    贅沢な布陣となっていることも見逃せない。
    プロデュースが Tony Visconti、エンジニアが Bob Clearmountain、ゲストに
    Ian Hunter、Bruce Springsteenである。
    中に写っている写真が又良い。
    皮ジャンにサングラス、そして赤いネッカチーフである。
    まるで本郷猛(仮面ライダー一号)ではないか。
    この時代錯誤なファッションがそのまま音楽にも現れている。最高である。

|

« CD購入日記(7/13):8枚到着です。 | トップページ | CD購入日記(7/14):4枚到着です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(7/13):先週到着物からルーツ系3枚です。FREDDIE STEADY 5、ROD PICOTT、ALEJANDRO ESCOVEDO。:

« CD購入日記(7/13):8枚到着です。 | トップページ | CD購入日記(7/14):4枚到着です。 »