« 読書日記(7/19):斉藤 光政「偽書「東日流外三郡誌」事件」 | トップページ | CD購入日記(7/20):本日1枚到着。 »

2010年7月19日 (月)

CD聴盤日記(7/19):ギター・ポップ~パワー・ポップ系4枚。 Kimberley Rew、Jetset、Justin Currie、Like。

Kimberley Rew "Bible of Bop"
Kimberley_rew_2  好度:4
 ジャンル:ギター・ポップ
 

 

 

 

  感想:Soft Boys、Katrina & The Waves のギタリストである彼の1stソロで82年
    作に、3曲のボーナストラックをつけてのCD化。
    286/1000 と表記があり、1000枚限定のようである。
    Soft Bys をバックに3曲、dB's をバックに3曲、Wavws をバックに2曲とい
    うのが、オリジナル収録曲の構成。
    演奏は当然がら
    全体に漂うチープ感は、いかにもなUSインディーズな音作りでたまらない。
    2010年作もリリースされたようなので、要購入!!

Jetset "Swings & Roundabouts: Very Best of"
Jetse  好度:4
 ジャンル:ギター・ポップ~パワー・ポップ
 感想:イギリスが誇るポップ職人、Paul Bevoir 率いる激甘メロディーのポップ
    バンドの2枚組み50曲のベスト盤。
    オリジナルアルバム5枚に、クリスマスアルバムも入れてほぼ均等に選択
    された楽曲と演奏は、本当にどれをとっても、明るくメロディアスで、その
    くせどこか、懐かしさを感じさせるメロディーに溢れたギター・ポップ。
    バブルガム・ポップと表現されることもしばしばの演奏とメロディーにと
    かされてしまいそう。
    オリジナルアルバムのCDは持っているけど、未発表曲も4曲収録されて
    おり、リマスタリングの期待も込めての購入であった。 
  
Justin Currie "Great War"
Justin_currie  好度:4
 ジャンル:ギター・ポップ~ルーツ・ポップ
 

 

 

 

 
 
 感想:80年代にスコットランドはグラスゴーから登場したアメリカンな味わい
    のあるギター・ロックバンドの Del Amitri。そのメンバーのソロ作である。
    もう一曲目の音が出た瞬間に「当たり」を確信。
    Byrds、初期 R.E.M.を彷彿とさせるエレクトリックスタイルのf-ク・ロ
    ックサウンドである。
    エレキギターの綺麗な響きのアルペジオが耳に心地よい。
    現代風のノイジーさや、轟音タイプのギターは一切登場せず、ひたすら優
    しさに溢れた心地よい響きが鳴り渡る。
    メロディーもフォーキーで、起伏に富み、耳に残る。
    曲調も明るいポップな物から、陰のある少しダークさを感じる曲、そして
    アーシーなルーツ系と、幅広く聴かせる。
    イギリス物にしておくにはもったいない、アメリカンな演奏である。

Like "Release Me"
Like  好度:4
 ジャンル:パワー・ポップ
 

 

 

 

 
 
 感想:これはジャケットからも期待した通りのガールズ・ポップ。
    60年代ポップスのムードが一杯に詰まった懐かしさ溢れるメロディー
    の洪水である。
    演奏自体はガレージ風味の効いた少し粗さを感じさせるもの。
    Go Go's をガレージ風にしたような演奏という感じである。

|

« 読書日記(7/19):斉藤 光政「偽書「東日流外三郡誌」事件」 | トップページ | CD購入日記(7/20):本日1枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(7/19):ギター・ポップ~パワー・ポップ系4枚。 Kimberley Rew、Jetset、Justin Currie、Like。:

« 読書日記(7/19):斉藤 光政「偽書「東日流外三郡誌」事件」 | トップページ | CD購入日記(7/20):本日1枚到着。 »