« CD聴盤日記(6/30)その2:先週到着物からルーツ系3枚です。Barry Goldberg 、Gary P Nunn、Joe Ely。 | トップページ | CD聴盤日記(7/1)その2:パワー・ポップ物2枚。Euclid Beach Band、 »

2010年7月 1日 (木)

CD聴盤日記(7/1):先週の到着物からルーツ系2枚。Brison Bursey、Tom Petty。

Brison Bursey "Bigger Sky"
Brison_bursey_bigger_sky  好度:4
 ジャンル:ネオ・ルーツ
 

 

 

 

 
 
 感想:鼻に掛かったホンキートンクスタイルに近いカントリー風ボーカルながら、
    バックは Hootie & THe Blowfish、Honey Dogs と言った辺りのネオ・ルー
    ツ物。
    少し南部っぽいネバリ感のあるサウンドで、泥臭さも十分。
    ミドルテンポの曲が多く、地に足の付いた落ち着き感のある演奏が味わえる。

Tom Petty "Mojo"
Tom_petty_mojo  好度:4
 ジャンル:アメリカン・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:ここ最近は地味なフォーク・ロック~オルタナ・カントリー路線になり、
    Tom Petty も老成の域に入ってきたか、と思っていたが、この最新作では
    80年代末の"Let Me Up"や90年代前半の"Into The Great Wide Open"
    辺りのポップ色濃厚な演奏を披露している。
    ルーツ・ロック路線をひとまずお休みという感じか。
    このポップ・ロック路線とも言うべき路線変更はある意味原点回帰かも
    知れない。
    Byrds フォロワーとは言われているが、演奏自体にフォークやカントリー
    の影をあまり感じさせないだけに、これが本来の彼の演奏スタイルとも
    言える。
    どこか中東音楽のようなエキゾチックなムードも漂わせた無国籍なムード
    を感じさせるたアルバムである。  

|

« CD聴盤日記(6/30)その2:先週到着物からルーツ系3枚です。Barry Goldberg 、Gary P Nunn、Joe Ely。 | トップページ | CD聴盤日記(7/1)その2:パワー・ポップ物2枚。Euclid Beach Band、 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(7/1):先週の到着物からルーツ系2枚。Brison Bursey、Tom Petty。:

« CD聴盤日記(6/30)その2:先週到着物からルーツ系3枚です。Barry Goldberg 、Gary P Nunn、Joe Ely。 | トップページ | CD聴盤日記(7/1)その2:パワー・ポップ物2枚。Euclid Beach Band、 »