« ダブリCD約500枚を売却。金額はトホホ... | トップページ | CD聴盤日記(7/25)その2:ルーツ系(Eric Ambelプロデュース物)2枚です。Jim Koeppel、The Jack Fords。 »

2010年7月25日 (日)

CD聴盤日記(7/25):ルーツ系3枚です。Chatham County Line、Pretty Things N Mates、Carlos & Bandidos。

Chatham County Line "Wildwood"
Chatham_county_lin  好度:4
 ジャンル:オルタナ・カントリー
 

 

 

 

 
 
 感想:ロック色は希薄なオルタナ・カントリーで、ヒルビリー、ブルーグラスが
    ベースになっている。
    ドラムレス曲が目立ち、アコースティックでナチュラルな響きが、ゆったり
    としたリズムの楽曲にピッタリ。
    今の季節にノンビリとリラックスして音楽に身を委ねて心地よい睡魔に包
    まれていきたい。そんな気持ちにさせられるアルバムである。
    03年に Chris Stamey のプロデュースでデビューし、これまでに4枚のア
    ルバムをリリース。途中一枚だけ Mitch Easter がクレジットされたアルバ
    ムがあり、それだけは Chris Stamey のクレジットがなかった。
    この最新作では Chris も Mitch もクレジットはなく、どんな感じに仕上が
    っているのか気になっていたのですが、ロック色が後退したことがやはり一
    番の変化。
    次作では又ロック色を濃厚にしたアルバムを期待したい。

Pretty Things N Mates "Rockin' The Garage"
Pretty_things_n_mates  好度:4
 ジャンル:パブ・ロック~ロックンロール~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:60年代ガレージバンドの Pretty Things のボーkル、ギタリスと、70
    年代パブ・ロックの InMates のリズム隊が組んだこのバンド、演っている
    のはアメリカン・ガレージのカバーである。
    InMates を思わせる黒っぽいロックンロールのオンパレードで素直に格好
    良い。
    ガレージというよりは、やはりR&Bベースのロックンロールに仕上がって
    いるのが良い。
    George Thorogood スタイルのゴリゴリのロックンロールである。
    InMates メンバーがこんなアルバムを出していたこと自体が驚きであった。
    オリジナルリリースは05年のようであるが、これは08年リリース物。

Carlos & Bandidos "Good Bad & The Bandidos"
Carlos_bandidos  好度:4
 ジャンル:ロカビリー~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:ジャケット写真からも想像出来る通り、メキシカンフレイバーを感じさせる
    ロカビリー。
    Billy Bacon 辺りを思わせるノリノリの演奏が楽しめる。
    高らかに鳴り渡るラッパ(トランペット)の音色で始まるマリアッチ風味の
    ロカビリーも又格好良い。
    哀愁とノリの見事な融合である。

|

« ダブリCD約500枚を売却。金額はトホホ... | トップページ | CD聴盤日記(7/25)その2:ルーツ系(Eric Ambelプロデュース物)2枚です。Jim Koeppel、The Jack Fords。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(7/25):ルーツ系3枚です。Chatham County Line、Pretty Things N Mates、Carlos & Bandidos。:

« ダブリCD約500枚を売却。金額はトホホ... | トップページ | CD聴盤日記(7/25)その2:ルーツ系(Eric Ambelプロデュース物)2枚です。Jim Koeppel、The Jack Fords。 »