« CD購入日記(7/28):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(7/29):CD BabyバックオーダーCD1枚到着。 »

2010年7月28日 (水)

CD聴盤日記(7/28):Not Lame 購入物からルーツ系2枚。ELVYN、WILLBURN。

ELVYN - The Decline
Elvyn  好度:4
 ジャンル:フォーク・ロック~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:"The Replacements and classic Americana like The Flying Burrito
     Brothers"ということで購入したものであるが、印象は大きく違った。
    先ず、Replacements を感じない。そして、カントリー・ロックという
    感じもほとんどない。
    ではハズレか、というと全くそんなことはない。
    実は最も感じられるのは Byrds である。
    綺麗なエレキギターのアルペジオサウンドのフォーク・ロックである。
    そして、カントリーフレイバーの漂うミドルテンポのルーツ・ロック。
    オールドスタイルとでも言えそうなサウンドで、今風のラウドさは一切
    なく、歪み感やザラツキ感もない。
    楽曲はアップテンポなノリよりも、落ち着き感のあるミドル~スローテ
    ンポ物が主。泥臭いハ^モニカもフィーチャーされ、アーシーさが際立つ。
    ピュアという形容詞が似合うルーツ・ロックである。

WILLBURN - s/t
Willburn  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:"Fans of John Hiatt, Terry Anderson, Jason & The Scorchers and
    Drive-By Truckers "ということで、購入した初物バンド。
    しかし、これまたこの紹介文のアーティスト達の持つ雰囲気とは異なる
    演奏であった。
    結構渋みのあるルーツ・ロックで、オルタナ・カントリーの流れを汲ん
    でいるのは間違いない。
    ただ、渋みといっても、John Hiatt のような年季を重ねた渋みとは違う。
    Terry Anderson のようなポップさもない。
    無骨さがこのバンドの持ち味である。

|

« CD購入日記(7/28):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(7/29):CD BabyバックオーダーCD1枚到着。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(7/28):Not Lame 購入物からルーツ系2枚。ELVYN、WILLBURN。:

« CD購入日記(7/28):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(7/29):CD BabyバックオーダーCD1枚到着。 »