« CD聴盤日記(8/26)その2:先週到着物から Eric Ambel プロデュース物。Chris Barron And The Time Bandits。 | トップページ | 読書日記:コリン タッジ(著), 柴田 裕之(訳)「ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見」 »

2010年8月28日 (土)

CD聴盤日記(8/27):先週到着物からルーツ系2枚。”Rick Holmstrom,John "Juke" Logan,Stephen Hodges”、Michael Weston King。

Rick Holmstrom,John "Juke" Logan,Stephen Hodges "Twist-O-Lettz"
John_juke_logan  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック~ブルース・ロック
 

 

 

 

 

 感想:3人のアーティストの名前が羅列されている通り、この3人がバンドとして組
    んだもののようである。
    Rick がギターとベース、John がハーモニカ、Stephen がドラムという編成。
    私は John "Juke" Logan が目当てでこのアルバムを購入。
    演奏は、彼のハーモニカが全面にフィーチャーされたブルース・ロックで、
    初期の Fabulous Thundirbirds を思わせるロッキン度の高いブルース・ロック
    である。
    泥臭さ一杯で迫力満点のパワフルな演奏である。
    ライブ録音のようであるが、スタジオ録音と同等の音質で、その面での満足度
    も高いアルバムである。
 
Michael Weston King "I Didn't Raise My Boy to Be a Soldier"
Michael_weston_king  好度:3
 ジャンル:フォーク・ロック
 

 

 

 

 

 感想:イギリスのアメリカーナなルーツ・ロックバンド、Good Sons メンバーの
    最新ソロ。
    ここ最近のアルバムと同じ傾向のアコースティックセットでの演奏である。
    ボーカルの力強さが弾き語り物にありがちな退屈さをカバーしてはいる
    ものの、やはり退屈感は否めない。
    バンド編成のルーツ・ロッキンな演奏が聴きたい!!

|

« CD聴盤日記(8/26)その2:先週到着物から Eric Ambel プロデュース物。Chris Barron And The Time Bandits。 | トップページ | 読書日記:コリン タッジ(著), 柴田 裕之(訳)「ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見」 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(8/27):先週到着物からルーツ系2枚。”Rick Holmstrom,John "Juke" Logan,Stephen Hodges”、Michael Weston King。:

« CD聴盤日記(8/26)その2:先週到着物から Eric Ambel プロデュース物。Chris Barron And The Time Bandits。 | トップページ | 読書日記:コリン タッジ(著), 柴田 裕之(訳)「ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見」 »