« CD聴盤日記(8/30):ギター・ポップ2枚です。BMX Bandits。 | トップページ | CD聴盤日記(9/1):80年代USインディーズの代表バンド R.E.M.のデラックス盤2枚です。 »

2010年8月31日 (火)

CD聴盤日記(8/31):ルーツ系、というかカントリー系2枚。Dale Watson、Marty Stuart。

Dale Watson "Carryin on"
2010_0826_213508dale_watson  好度:2
 ジャンル:カントリー・ロック
 

 

 

 

 

 感想:伝統的なホンキートンクスタイルのカントリー・ロック。
    以前はオルタナ・カントリーな側面もあってルーツ・ロックとしての魅力も
    あったが、この最新作では、もはや「オルタナ」という形容詞は全く無し。
    ひたすらカントリーである。正直面白みは無し。

Marty Stuart "Ghost Train: The Studio B Sessions
2010_0826_213801marty_stuart  好度:3
 ジャンル:カントリー・ロック
 

 

 

 

 

 感想:これまた、伝統的スタイルのカントリー・ロック。
    本当はもっとルーツ・ロック系の演奏をしていたのに、Dale Watson といい、
    彼といい、なぜここまで伝統回帰な演奏になってしまったのか。
    Rodnwy Crowell や Buddy Miller タイプのルーツ・ロックを期待していただ
    けに、残念感が高い。
    しかし、こちらの方が演奏にスピード感とパワフル感がある分ロック度は相
    対的に高く感じる。
    でも、がっかり。

|

« CD聴盤日記(8/30):ギター・ポップ2枚です。BMX Bandits。 | トップページ | CD聴盤日記(9/1):80年代USインディーズの代表バンド R.E.M.のデラックス盤2枚です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(8/31):ルーツ系、というかカントリー系2枚。Dale Watson、Marty Stuart。:

« CD聴盤日記(8/30):ギター・ポップ2枚です。BMX Bandits。 | トップページ | CD聴盤日記(9/1):80年代USインディーズの代表バンド R.E.M.のデラックス盤2枚です。 »