« CD聴盤日記(8/4)その2:70年代和物、松山千春を集中聴盤しました。 | トップページ | CD購入日記(8/7):店頭購入6枚。 »

2010年8月 5日 (木)

CD聴盤日記(8/5):昨日到着の2枚。ルーツ系です。Los Lobos、Nick Curran。

Los Lobos "Tin Can Trust"
Los_lobos  好度:2
 ジャンル:オルタナ・ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想;最近割りとコンスタントにアルバムを出しているLos Lobosの新作。
    ここ最近はライブ物が多かったが、結構初期の頃を感じさせるR&B~ロッ
    クンロール路線の演奏だったので、この新作もその路線を期待したのである
    が、残念ながら、Kiko路線であった。
    演奏は骨太なルーツサウンドで悪くは無いのであるが、楽曲が何とも居心地
    が悪い。
    最後の方で一曲だけ陽気なアコーディオンをフィーチャーしたラテン物を披
    露しておりそれが唯一の楽しめた演奏。
    この路線はどうしても好きになれない。でも、玄人受けするんだろうなあ。
    残念。 

Nick Curran "Reform School Girl"
Nick_curran  好度:4
 ジャンル:ロックンロール~ロカビリー~ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:Dave Alvin 参加作と思って購入したけど、大間違い。Dave ではなく、Phil
    の方だった。
    しかし、購入自体は大正解。
    オールドスタイルのロックンロール、R&B、ロカビリー、ポップスという、
    ノリノリ系アメリカン・ミュージックのオンパレード。
    ラフでダイナミックでストレートな演奏で、これも演出なのか、録音はわざ
    と割れた音にして、しかもモノラル。50年代のような雰囲気を出しており、
    とても今年のリリースとは思えない。
    この録音の粗さを除けば、演奏のコンセプトは完全に The Blasters と同じ。
    よりプリミティブな Blasters という雰囲気である。

|

« CD聴盤日記(8/4)その2:70年代和物、松山千春を集中聴盤しました。 | トップページ | CD購入日記(8/7):店頭購入6枚。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

Blasters~Dave Alvin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(8/5):昨日到着の2枚。ルーツ系です。Los Lobos、Nick Curran。:

« CD聴盤日記(8/4)その2:70年代和物、松山千春を集中聴盤しました。 | トップページ | CD購入日記(8/7):店頭購入6枚。 »