« CD聴盤日記(9/2):ルーツ系2枚。Max Stalling、Jon Langford。 | トップページ | 読書日記:門井慶喜「おさがしの本は」 »

2010年9月 3日 (金)

CD聴盤日記(9/3):パワー・ポップ系2枚です。Goo Goo Dolls、Paul Collins。

Goo Goo Dolls "Something for the Rest of Us"
Goo_goo_dolls  好度:4
 ジャンル:パワー・ポップ
 

 

 

 

 

 感想:87年にデビューしているベテランのパワー・ポップバンドである。
    しかし、デビューから4,5枚は Metal Blade という文字通りのメタル系の
    レーベルからのリリースだったため、しばらくは手を出さなかった。
    しかし、Paul Westerberg がゲスト参加した93年作でこのバンドは全くメ
    タル系ではないことが分かり、以降は骨太なパワー・ポップバンドして聴い
    てきた。
    この最新作では更にメロディーに磨きがかかり、演奏も骨太なアメリカン・ロ
    ックとなっている。

Paul Collins "King Of Power Pop!"
2010_0826_213542paul_collins  好度:5
 ジャンル:パワー・ポップ~ロックンロール
 

 

 

 

 

 感想:70年代はパンクバンド Nerves、80年代はパワー・ポップバンドThe Beat
    で活躍した彼のソロ最新作は、タイトル通りのパワー・ポップ。
    60年代ポップスの要素がふんだんに取り入れられた楽曲は懐かしさ一杯の
    メロディーの洪水。
    ビートル・ポップスタイルのパワー・ポップで、Spongetonesをロックンロー
    ル色を濃厚にしたような演奏である。
    ここ最近はルーツ系のアルバムが多い印象だったので、久久のパワー・ポッ
    プアルバムで、彼自身もはじけた感じで演奏を楽しんでいる雰囲気が伝わって
    くるようである。

|

« CD聴盤日記(9/2):ルーツ系2枚。Max Stalling、Jon Langford。 | トップページ | 読書日記:門井慶喜「おさがしの本は」 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(9/3):パワー・ポップ系2枚です。Goo Goo Dolls、Paul Collins。:

« CD聴盤日記(9/2):ルーツ系2枚。Max Stalling、Jon Langford。 | トップページ | 読書日記:門井慶喜「おさがしの本は」 »