« CD聴盤日記(10/11):キッズソングです。はいだしょうこ、スーパー・ベストこどものうた、大杉久美子。 | トップページ | CD購入日記(10/12):1枚到着です。 »

2010年10月11日 (月)

CD聴盤日記(10/11)その2:先々週の到着物からルーツ系。Skydiggers、Athenaeum。

Skydiggers "Truth About Us: A Twenty Year"
Skydiggers_truth_about_us 好度:4
ジャンル:ネオ・ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

感想:カナディアン・ルーツ・ロックバンドの20年間の活動からのベスト盤。
   09年リリースアルバムで22曲いり。DVD付きである。
   突然、Skydiggers のバンド名を思い出し、検索してみたらこのアルバムの
   存在を見つけた。
   Blue Rodeo をカントリー寄りにしたような演奏で、優しさとメロディアス
   さが印象深い演奏である。
   Blue Rodeo と同じように、泥臭さや土臭さは希薄で、どこか都会的な綺麗
   さを感じさせる演奏である。
   後期 Del-Lords に近いものも感じるルーツ・ロックである。

Skydiggers "City Of Sirens"
Skydiggers_city_of_sirens 好度:4
ジャンル:ネオ・ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

感想:これは08年のオリジナルアルバム。前作から8年振りか?
   全くブランクを感じさせないネオ・ルーツサウンドはやはり、優しさ一杯で
   垢抜けた綺麗さを感じさせる演奏である。
   フォーク・ロック、カントリーをベースにしたメロディアスな演奏で目一杯
   な癒され効果を感じることが出来る。
   聴いていて本当に心地よい楽曲ばかり。
   Blue Rodeo と共にカナディアン至宝に認定である。

Athenaeum "Family Tree"
Athenaeum 好度:4
ジャンル:ネオ・ルーツ
 

 

 

 

 
感想:このバンドはいわゆる「モダン系」のバンドのように思われるが、楽曲も、鼻
   に掛かったボーカルもカントリータッチで、ルーツィーな演奏を聴かせるバン
   ドである。
   基本はギター・バンドで、USインディーズ系。
   メジャーから3枚のアルバムを出しているが、これはインディー時代のアルバム
   で、製作には Mitch Eatser が関わっているのである。
   ずっと探していたものでようやく実際に聴くことが出来た。
   メジャー物よりも、よりアコースティック感が心地よく、ルーツィーさが前面
   に出た好演奏である。
   初期R.E.M. をルーツ寄りにしたような演奏という印象である。

|

« CD聴盤日記(10/11):キッズソングです。はいだしょうこ、スーパー・ベストこどものうた、大杉久美子。 | トップページ | CD購入日記(10/12):1枚到着です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

Mitch Easter」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(10/11)その2:先々週の到着物からルーツ系。Skydiggers、Athenaeum。:

« CD聴盤日記(10/11):キッズソングです。はいだしょうこ、スーパー・ベストこどものうた、大杉久美子。 | トップページ | CD購入日記(10/12):1枚到着です。 »