« CD購入&聴盤日記(10/17):昨日の店頭購入物とその聴盤です。先ずはパワー・ポップ系4枚です。Nobunny、A Loss For Words、The Fresh & Onlys。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(10/17)その3:昨日の店頭購入物からネオ・ロカ1枚。Red Hot Cancers。そしてネット購入分で2枚到着です。 »

2010年10月17日 (日)

CD購入&聴盤日記(10/17)その2:昨日の店頭購入物からルーツ系2枚。Doug Paisley、The Nighthawks。

Doug Paisley -Constant Companion-
Doug_paisley 好度:4
ジャンル:フォーク・ロック
 

 

 

 

 

感想:アコギとベースとドラムというシンプルな構成に、オルガンが絡むフォー
   ク・ロック。
   ミドルテンポながらリズムのしっかりとしたフォーク・ロックで、ひ弱さ
   なし。
   あまりにオーソドオックス過ぎると思えるほどの全うな伝統的フォーク・
   ロックであるが、オルガンの音色が、まるで Nick Lowe あたりのパブ・
   ロックな雰囲気も織り込んでいて、独特な和みの世界を作り出している。
   秋の夜長にぴったりとはまりそうな優しいアルバムである。

The Nighthawks -Rock 'N' Roll-
Nighthawks 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 

感想:Fabulous Thunderbirds タイプのブルース・ロックを聴かせるベテランバンド
   の83年作。
   90年代以降のアルバムはマメに購入していたつもりであるが、80年代以前
   のアルバムは未購入が多い。
   これはたまたま見つけて購入。
   唸るブルース・ハープ(ハーモニカ)が堪らない。
   このアルバムは出だしが Dr. Feelgood の"Mad Man Blues"の出だしにそっくり
   で格好良い。ワイルドでドスの効いた演奏で幕開けである。
   残念ながら2曲以降ではオーソドックスなブルース・ロック。ダーティーさは影
   を潜めてしまった。
   スローな曲が多いが、唸るハープと、メリハリがあってタイト感のあるリズムの
   ため、ロッキン度は十分に感じることが出来るアルバムである。
   
しかし、ラストはノリノリのラフな格好良いロックンロールで締め括ってくれた。

|

« CD購入&聴盤日記(10/17):昨日の店頭購入物とその聴盤です。先ずはパワー・ポップ系4枚です。Nobunny、A Loss For Words、The Fresh & Onlys。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(10/17)その3:昨日の店頭購入物からネオ・ロカ1枚。Red Hot Cancers。そしてネット購入分で2枚到着です。 »

音楽」カテゴリの記事

CD購入日記」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD購入&聴盤日記(10/17)その2:昨日の店頭購入物からルーツ系2枚。Doug Paisley、The Nighthawks。:

« CD購入&聴盤日記(10/17):昨日の店頭購入物とその聴盤です。先ずはパワー・ポップ系4枚です。Nobunny、A Loss For Words、The Fresh & Onlys。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(10/17)その3:昨日の店頭購入物からネオ・ロカ1枚。Red Hot Cancers。そしてネット購入分で2枚到着です。 »