« CD購入&聴盤日記(10/9):店頭購入2枚です。The Del Moroccos、Cactus Cowboys。 | トップページ | CD購入日記(10/10):日本のアーティスト物1枚到着。 »

2010年10月10日 (日)

読書日記:宮部みゆき「おそろし 三島屋変調百物語事始」

宮部みゆき「おそろし 三島屋変調百物語事始」
Photo 「孤宿の人」以来の宮部時代小説である。
「孤宿の人」が色々疑問の残る消化不良気味の小説だっただけに、この小説は期待と不安が半々だった。
しかし、読み終えて素直に面白いと思った。又、途中でこらえきれずに涙した場面もあり、疲れた心を浄化してくれる効果も十分な小説となっている。
一見短編集のような形態を取っているが、実は短編集ではなく、長編小説の中のエピソードの一つ一つであることが分かる。
各章に分かれて語られたエピソードが最終章の中で一つにまとまって物語り全体を一気に終息に向かわせている。
只、一番のナゾである「家」の主とは何者だったのか、具体的な描写や説明が省かれ、読者の想像に委ねられてしまった。
又、主人公である「おちか」は、物語の終焉に向けて、自分を解き放てるような展開に身を置いていたにも関わらず、最後に再び大きな問題を「家の主」から投げ返され、自己の解放には至れなかった。これを深いと見るか、単なる続編へのつなぎと見るかは、今年出版された続編を読んでみて判断したい。
いずれにせよ、素直に面白いと思いながら一気読みに近い形で読み切れてしまったのは事実である。

|

« CD購入&聴盤日記(10/9):店頭購入2枚です。The Del Moroccos、Cactus Cowboys。 | トップページ | CD購入日記(10/10):日本のアーティスト物1枚到着。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記:宮部みゆき「おそろし 三島屋変調百物語事始」:

« CD購入&聴盤日記(10/9):店頭購入2枚です。The Del Moroccos、Cactus Cowboys。 | トップページ | CD購入日記(10/10):日本のアーティスト物1枚到着。 »