« CD聴盤日記(12/21):パワー・ポップ系3枚。THE SLINGSBY HORNETS、ZEUS、THE SITUATIONALS。 | トップページ | CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 »

2010年12月22日 (水)

CD聴盤日記(12./22):ルーツ系3枚です。Ryan Adams、Quireboys、Raul Malo。

Ryan Adams "III & IV"
Ryan_adams 好度:4
ジャンル:オルタナ・ル-ツ・ロック
感想:アメリカン・ロックの若手旗手としてすっかり定着してしまった感のある Ryan Adams の最新作は2枚組みの大作である。
Whiskey Town は大好きなバンドだった。しかし、Ryan のソロ作は正直地味なモノが多く、今一つ好きになれない。
今回は果たしてどんな感じなのか、Whiskey Town で聴かせてくれたようなパワフルなオルタナ・カントリーを聴かせてくれるのか、期待半分、不安半分で聴いてみた。
結果は、今作では地味感は無し。しいかりとバンド編成で全曲ロkックチューンである。
しかし、演奏の感じはオルタナ度が高めで、カントリー色自体は全く無し。
Replacements タイプのパワフルなギター・ロックで、期待はかなり満たされた。
若干モダン系の傾向が見られるが、見逃すことが出来るレベルに留まっている。
最近は地味系の演奏が多かっただけに、今回の新作はフルでロックバンド編成での演奏で力がみなぎっている感じである。
楽曲自体の魅力についてもなかなかであるが、曲間に挿入されるメロウなフォーク・ロックタッチの曲では爽やかで懐かしさを感じさせるメロディー展開で特に耳に残る。
こういうフォーク・ロック路線で全曲固めて貰っても良いかも知れない。

Quireboys "Bitter Sweet & Twisted"
Quireboys 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:バッドボーイズ・ロックンロールのバンドとしてデビューした彼らであるが、要はシンプルでストレートでルーズでワイルドなルーツ・ロックなのである。
最近、Georgia Satellites との共演等で彼らを見直し、聴き直し、改めて未購入のアルバムを探し始めているところ。
ストーンズタイプのルーズなロックンロール、南部臭タップリの重量感溢れるルーツ・ロック、ハーモニカが唸るブルージーなロックンロール、そしてアコースティックなカントリー・ロックまでこなせる彼らの実力は本物。
イギリズのバンドにしておくのがもったいない。
Georgia Sattelites や Jason & Scorchers、Diamond Dogs といったロックンロールバンド達と同質の演奏が楽しめる。
このアルバムは93年の2ndアルバム。
未購入アルバムが結構あり、必買!!

Raul Malo "Marshmallow World & Other Holiday Favorites"
Raul_malo 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:カントリー・ロックながら、オールディーズ・ポップの味わいも持った演奏と歌を聴かせてくれた Mavericks のボーカリストのクリスマス企画ソロアルバム。
彼の歌はRoy Orbison を思わせる柔らかく温かみのあるボーカルで聴かせる。
クリスマス・ソングであるが、演奏は、ロックンロール、ビックバンド、ブルース、ジャズ、オールディーズといったルーツ・ポップスタイル。
歌の上手さ、演奏の確かさをしっかりと味わうことが出来るアルバムである。

|

« CD聴盤日記(12/21):パワー・ポップ系3枚。THE SLINGSBY HORNETS、ZEUS、THE SITUATIONALS。 | トップページ | CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12./22):ルーツ系3枚です。Ryan Adams、Quireboys、Raul Malo。:

« CD聴盤日記(12/21):パワー・ポップ系3枚。THE SLINGSBY HORNETS、ZEUS、THE SITUATIONALS。 | トップページ | CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 »