« CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 | トップページ | CD購入日記(12/25):店頭購入&ネット注文分の到着です。 »

2010年12月24日 (金)

CD聴盤日記(12/24):ルーツ系2枚。Ingram Hill、Mr. Whirly。

Ingram Hill "Cold in California"
Ingram_hill_cold 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック~オルタナ・カントリー
感想:モダン系の演奏も入っているバンドであるが、この07年作では、モダン系の雰囲気は一切無し。
ストレートなカントリー・ロック~オルタナ・カントリースタイル終始聴かせる。
程よい歪み感を持ったサウンドに、軽く鼻にかけたカントリー調ボーカルがオルタナ・カントリーな雰囲気を上手く作り出している。
ドライブ感のあるアップテンポな曲では、Bottle Rockets や Go To Blazes といった Eric Ambel 物を彷彿とさせ格好良いことこの上無い。
この07年作が彼らのベストアルバムである。

Mr. Whirly "Mr. Whirly"
Mr_whirly 好度:4
ジャンル:ネオ・ルーツ
感想:ミネアポリスのインディーズ系ルーツ・ロックバンドの98年作。
この怪しいジャケットに騙されてはいけない。
プロデュースは地元バンドを数多く手掛けている Tom Herbers。
Gear Daddies や Honey Dogs、Billy's、Maerican Paint、Rank Strangers 等々のバンド達を思い起こさせるサウンドと演奏である。
特徴的なのは、演奏に粗さがあり、パワフル感があること。
パンキッシュとか、ガレージ的とかまではいかないレベルで抑えられていることがミソ。
そこにアコースティックな肌触りが上手く絡ませてあり、ルーツ・ロックとして成立している。
90年代に、オルタナ・カントリーの前に流行したネオ・ルーツ・ロックサウンドそのものとして楽しめるアルバムである。

|

« CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 | トップページ | CD購入日記(12/25):店頭購入&ネット注文分の到着です。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/24):ルーツ系2枚。Ingram Hill、Mr. Whirly。:

« CD聴盤日記(12/23):ルーツ系4枚。John Wesley Harding 、Jb & Moonshine Band 。 | トップページ | CD購入日記(12/25):店頭購入&ネット注文分の到着です。 »