« CD聴盤日記(12/5):パワー・ポップ系3枚です。VINYL CANDY、Melee、The Roman Line、 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その3:ルーツ系2枚です。Travis Hopper、Giving Tree Band。 »

2010年12月 5日 (日)

CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。

The Dagoes -Christmas-
Dagoes_2 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:オーストラリアのガレージ系ロックバンドのクリスマス企画EP。
たった2曲であるが、妙に機器応えのある骨太なルーツィー・サウンド。
歌詞的にはクリスマスをテーマにしているようであるが、演奏だけを聴くと、歌詞の意味が分からないので、普通のガレージ系のルーツ・ロックにしか聴こえない。
骨太なデトロイト系のサウンドで、サックスなども入っているせいか、Spwringsteen 辺りの演奏に近いアメリカン・ロックとして楽しめる内容である。

Small Jackets -Walking the Boogie
Small_jackets 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:ジャケットは見るからにルーズなロックンロールを聴かせてくれそう。
その期待を裏切らないルーズなロックンロールで幕開け。
調べてみたら、このバンドの前作"Cheap Tequila"を昨年購入していた。
やはりDiamond Dogs タイプのバンドという感想を持っていたことが判明。我ながら納得。
Georgia Satellites~Diamond Dogs タイプのロックンロールである。
ぶっとく、且つのタメの効いたサウンドで押し捲る。
しかし、ハード・ロック調が強めに出てしまう曲もあるが、ハーモニカとアコギで渋く迫る曲もあり、南部臭さタップリ。
フルボリュームでラウドに聴きたい!!

The Morlocks -The Morlocks Play Chess
Morlocks 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:ブルース・ハープとダミ声という組み合わせでドスの効いたR&Bを聴かせるスタイルは、Dr. Feelgood か George Thorogood(全く関係ないけど、どちらも名前の最後に"good"が付く)。
そのいずれをも連想させずには置かないブルージーなガレージ・ロックンロールである。
シンプル&ストレート、そして荒々しさが格好良い。

|

« CD聴盤日記(12/5):パワー・ポップ系3枚です。VINYL CANDY、Melee、The Roman Line、 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その3:ルーツ系2枚です。Travis Hopper、Giving Tree Band。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ガレージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。:

« CD聴盤日記(12/5):パワー・ポップ系3枚です。VINYL CANDY、Melee、The Roman Line、 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その3:ルーツ系2枚です。Travis Hopper、Giving Tree Band。 »