« 読書日記((12/5):北森鴻「虚栄の肖像」 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。 »

2010年12月 5日 (日)

CD聴盤日記(12/5):パワー・ポップ系3枚です。VINYL CANDY、Melee、The Roman Line、

VINYL CANDY - The Dirty Third
Vinyl_candy 好度:4
ジャンルパワー・ポップ
感想このジャケットからすると、かなりパンキッシュで轟音タイプのパワー・ポップかな、と思っていたが、この予想は完璧に外された。
Jerry Fish、Posies タイプのゴージャス・タイプのパワー・ポップであった。
きらびやかさの中にも、アメリカンなムードのアーシーさが見え隠れする演奏で、Posies/Jerry Fish Meets Gin Blossoms といった感じの演奏となっている。

 

Melee -The Masquerade-
Melee 好度
ジャンルギター・ポップ
感想メジャー系ポップバンドの3作目である。
1st、2ndがメジャーにあるまじきキラキラパワー・ポップでメロディーも抜群。
というわけでこの3作目も期待して購入したのであるが、遂に化けの皮が剥がされてしまった。
2ndまでにあったようなキラキラ感が無くなり。メジャー臭さ一杯の人工音が鼻を付く。
最悪とは言わないが、やはり良くない。
「美メロ」などと言われているが、この3作目ではその良い面すら薄らいでしまい、2ndのあまりの出来の良さから来るプレッシャーに負けてしまい、メジャー臭さへの逃げを打ってしまった作品としか思えなかった。残念。

The Roman Line -Morning Portraits [Explicit]
Roman_line 好度
ジャンルパワー・ポップ
感想メタリックなギター・リフが炸裂し、ドス、バスという単調なドラムが鳴り渡る。
普通に只のパンク系かと思わせておいて、曲調が転調し、ポップなメロディーとコーラスが飛び出す。
アメリカンなパワー・ポップが始まる。
2曲目以降も、ハードなギターサウンドにポップなメロディーという流れは一緒。
曲によってはマンドリンのようなアコースティックな綺麗なサウンドも登場し、ルーツィーな味わいも感じさせる。
プロデュースがポップ・パンクの Queers の Joe Queer。彼のプロデュースが効果を発揮していることは間違いなさそうである。

|

« 読書日記((12/5):北森鴻「虚栄の肖像」 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/5):パワー・ポップ系3枚です。VINYL CANDY、Melee、The Roman Line、:

« 読書日記((12/5):北森鴻「虚栄の肖像」 | トップページ | CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。 »