« CD購入日記(1/13):3枚到着です。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(1/16):昨日の店頭購入分からギター・ポップ~パワー・ポップもの6枚。Betty And The Werewolves、The Ogdens、Zola、Suede Crocodiles、The Rubinoos。 »

2011年1月13日 (木)

CD聴盤日記(1/13):ルーツ系3枚。John Tirado、Whiskey & Co、Javi Garcia。

John Tirado -Slow Motion Party-
John_tirado 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:アメリカのギター・ポップ~パワー・ポップ The Nash のフロントマンのソロ作は、何とスペインのパワー・ポップレーベ
ルの Lucinda から。
しかしこのジャケット雰囲気はどう見てもルーツ系。
結果はやはりルーツ・ロック。
但し、ゴリゴリ、コテコテといったルーツ系ではなく、フォーキーさ漂うサラっとしたルーツ・ロックである。
ミドル・テンポのメロディアスな楽曲がメイン。爽やかさと穏やかさが良い感じに同居した楽曲である。
演奏の格となるギター・サウンドは綺麗な響きでアコースティック感一杯。
素朴なフォーキー・ルーツ・ロックアルバムである。

Whiskey & Co "Rust Colours"
Whiskey_co 好度:4
ジャンル:オルタナ・カントリー~ルーツ・ロック
感想:トゥワンギー・ギター全開のオルタナ・カントリー。ロカビリーやロックンロールの要素もふんだんい取り込まれた陽気で

ノリの良いアメリカーナ。
これぞアメリカンというスタイルのカラっとした活きの良さ。
ジャケト雰囲気から、少しはダークなパンク臭が漂うかと思いきや、全くそんな気配なし。
パンクはパンクでも、Cowslingers や Whiskey Daredevils のようなカウ・パンクノリは感じられる。
伝統的とまではいわないが、オーソドックスなスタイルの演奏である。安心印のアルバムである。

Javi Garcia "Southern Horror"
Javi_garcia 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想;テキサスのルーツ・ロッカー。重量感溢れる南部臭プンプンの演奏で。タメの効いたブルージーサウンド。
Dan Baird のソロ作や、Eric Ambel のソロ作に通じるような歪み感タップリのギターが炸裂する。
アコースティックなスロー・チューンも、しゃがれ声の渋いボーカルと相まって泥臭さ一杯。
アメリカーナを肌で感じさせるようなルーツ・ロックである。

|

« CD購入日記(1/13):3枚到着です。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(1/16):昨日の店頭購入分からギター・ポップ~パワー・ポップもの6枚。Betty And The Werewolves、The Ogdens、Zola、Suede Crocodiles、The Rubinoos。 »

音楽」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/13):ルーツ系3枚。John Tirado、Whiskey & Co、Javi Garcia。:

« CD購入日記(1/13):3枚到着です。 | トップページ | CD購入&聴盤日記(1/16):昨日の店頭購入分からギター・ポップ~パワー・ポップもの6枚。Betty And The Werewolves、The Ogdens、Zola、Suede Crocodiles、The Rubinoos。 »