« CD購入日記(2/22):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(2/23):今日は11枚到着です。 »

2011年2月22日 (火)

CD聴盤日記(2/22):ルーツ系2枚です。Skid Roper、Starbyrd。

Skid Roper "Rock and Roll, Part 3"
Skid_roper 好度:4
ジャンル:オルタナ・ルーツ・ロック
感想:80年代、Mojo Nixon とコンビを組んで、小気味良いシンプルなロックンロールを聴かせてくれていた。
どちらかというと、相方の Mojo Nixon の方が「怪人」と異名を取るほどの強烈な個性の持ち主で、コンビ解散後のソロ活動も盛んでアルバムも多数リリースしている。
一方、この Skid Roper の方は、この最新作でようやく3作目。1,2作目は短いスパンで出ていたので、今回の3作目はまさか出るとは思っていなかった。20年振りのリリースである。
1,2作は、素朴とも思えるフォーク・ロックで、Mojo Nixon とのコンビで聴かせていたロックンロールとは全くの別路線。
しかし、とても魅力的なフォーク・ロックであった。
そしてこの最新作。
いやあ~、驚いた。
Mojo Nixon スタイルも取り入れたような、ガレージ風の粗さを持ったルーツ・ロックに仕上がっている。
60年代ポップス風の楽曲もあるし、結構バラエティに富んだアルバムとなっている。
Mojo Nixon もゲスト参加。Skid Roper も怪人の仲間入りをしたかようなアルバムである。

Starbyrd -Return of a Starbyrd
Starbyrd好度:4
ジャンル:フォーク・ロック
感想:Byrds フォロワー・バンドの最新作。魅惑の12弦リッケンバッカーサウンドが煌びやかに響き渡る。
そして、Roger Mcguinn 激似の鼻声ボーカルが語るように切々と歌う様は正に Byrds そのもの。それも 1st,2ndの頃の Byrds である。
しかし、楽曲はちゃんとバンドのオリジナルであるところが憎い。
Byrds ファンには堪らないアルバムである。
が、楽曲には結構バラツキがあるのが難点。

|

« CD購入日記(2/22):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(2/23):今日は11枚到着です。 »

音楽」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

Byrds」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(2/22):ルーツ系2枚です。Skid Roper、Starbyrd。:

« CD購入日記(2/22):今日は1枚到着。 | トップページ | CD購入日記(2/23):今日は11枚到着です。 »