« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日)

昨日、今日と久しぶりにオーディオ機器を購入しました。

昨年の5月にSACDプレーヤーを購入して依頼、オーディオ機器関係の購入は何もありませんでしたが、昨日、今日と立て続けでオーディオ機器の購入をしました。

今日の購入物は、PRIMARE R-20 というフォノイコライザー(中古品)です。
Primare_r20 ラックスマンの E-20 も勿論候補にしていたのですが、中古のおかげで価格がとても安く、その割に製品の作りがとてもしっかりとしていて、215(W)×75(H)×275(D)mmという大きさで4キロもあるという物欲を満たす存在感に押し切られました。
さらに、事前にネットで色々調べていたら、ダイナミックオーディオのブログの中で、「MAJIK LP12にピッタリのフォノイコライザー」などという紹介も見られ、ならば安心と思い購入に踏み切りました。

ところで、私は現在、フォノイコとしては、アキュフェーズのプリアンプC-2400に、純正オプションボードAD-2800を組み入れて使用しています。
ではなぜ、わざわざ外付けのフォノイコライザーを、それもかなり安価なものを購入したかなのですが、実は長年(ほぼ8年)連れ添ったC-2400に別れを告げることが決定したためです。
代わりに購入を決めたプリアンプにはフォノ端子はもちろん、オプションボードのようなメーカー純正品は無いので、個別に探すことになったというわけです。

実は、クリスマスイブだった昨日、自分へのクリスマス・プレゼント、などというわけではなく、たまたま都合の良い日が昨日だったというだけのことですが、大物買いをしてしまいました。
場所は秋葉原の某オーディオショップ。
購入(というか契約)したのはプリ・アンプ。
リリース前から、ある意味恋焦がれていた製品。
初めて意識したのは、昨年の夏。
まだ製品の影も形もないけれど、いつかは必ず出る、型番も絶対にこの型番と勝手てに決め付けていた製品。
そして、出るのはおそらく2年後と思っていた製品。
2年後に備えて軍資金を蓄えねばと思いながらも、手の届かないような価格かも、と、出る前から半分以上は諦めていた製品です。
それが、予想よりも1年も早い、今年の10月にリリースニュースが出てしまいました。 
しかも、価格設定が予想よりも下回り、せめてこれ位だったらと願っていたレベル。
軍資金も出来ていないくせに、「欲しい、欲しい」の欲望だけがムクムクと沸き起こり、今年のTIASで実物に対面し、開発技術者の方の製品に込めた熱い思いを聞くに及んで、「欲しい、欲しい」の欲望は、「買うぞ、買うぞ」の決断へと変貌を遂げてしまいました。
その製品がこれ、プリ・アンプTAD-C600です。型番も期待通り。
Tadc600 購入に当たっては、いくつかの取り扱いショップに見積もりをお願いし、結果、前回のSACDプレーヤー TAD-D600の購入でお世話になったショップの方に、今回も、価格だけではなく、納品手配や配送面でも心配りの行き届いた提案を頂き、お世話になることとなりました。
ショップの方には、色々とご尽力を頂き、価格や納品での調整が一通り整って、昨日の購入契約となりました。
プリ・アンプTAD-C600は、製造数がまだ十分でないにも関わらず、対応頂いたショップの方々と、TAD社の関係者の方々のご尽力で、1月には納品頂けることとなりました。
そして、現在使用中のC-2400 with AD-2800は、この納品と引き換えに我が家から去ることとなったわけです。

実はC600の価格については、パワー・アンプM600の500万円に近い400万円位で登場するのではないかと危ぶんでいました。
それだととても買いたいとすら思えない額なので、やはりC-2400の後釜はC-3800で、これにアキュフェーズのフォノイコC-27を組み合わせようかと考えていました。
しかし、C600が願っていたレベルの価格だったことから、パイオニア/エクスクルーシブファンの身としては、やはりC-3800ではなく、C600で気持ちが固まってしまいました。
そうなると、フォノイコをどうするかが問題となり、C-27は高くて手が出なく、10万円以内でそれなりのものをと物色していた結果、冒頭の今日の購入に至ったという次第です。

最後に、今回のC600の購入に当たりぶつかった問題が一つありました。
私はプリとパワーはバランスケーブルで接続しているので、C600もパワーアンプA-65とバランス接続をするつもりでいました。
しかし、両機の2番と3番はホットとコールドの設定が逆で、そのまま普通に接続してしまうと、逆相になり、とんでもない音になってしまいます。
色々考えた結果、C600の入力側に接続する機器は、D600以外はアンバラ接続にすることとし、スピーカーケーブルの接続をプラ・マイをひっくり返すことでしのぐこととしました。
でもいずれはバランスケーブルでの2番と3番を出口でひっくり返してもらうようなカスタマイズを掛けてもらおうとも思っています。

来年の納品に向けて必要な準備は設置場所の確保です。
特にC600の電源部の設置場所をどこにするかを考えています。
悩ましいことではありますが、楽しみながら悩んでいます。
年末年始の連休中に設置準備は全て完了させておくつもりです。

以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »