« CD聴盤日記:ギター・ポップ~パワー・ポップ Richard MacLemale、Peter Baldrachi、Cotton Mather | トップページ | CD購入日記:ショック!! »

2012年2月27日 (月)

CD聴盤日記:Bill Mallonee、Anton Barbeau

Bill Mallonee "The Power and the Glory."
Bill_mallonee_the_power_and_the_glo 好度:
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:91年に Vigilantes Of Love としてデビューし、2作目では Peter Buck をプロデュースに迎えるなど、良質なアルバムをリリースしていた。
このソロ作は、11年作。ソロとして10枚近いアルバムもリリースしているはずのベテランである。
フォーク・ロックを基調としたギター・ロック~ルーツ・ロックは健在。
メロディーの良さとも相まって、派手さのない、味わい深いアルバムになっている。
ベテランにありがちな枯れたアコースティック路線になど行かず、エレクトリックスタイルのパワフルなバンド編成での演奏にこだわっているのが良い。

Anton Barbeau & Su Jordan "Automatic Door"
Anton_barbeau 好度:
ジャンル:パワー・ポップ
感想:93年にデビューしていて、いつの間にかベテランの域に。
この人の特徴は、一見、ストレートなギター・ポップで、ビートル・ポップなメロデイを聴かせる。
しかし、時々ネジレ感の入ったオルタナな曲が挿入される。
一時期は、この時々挿入のレベルのものが、常時挿入になってしまったこともあるが、この今年リリースの最新作では、初期のビートル・ポップが主流のギター・ポップに復帰してくれている。このジャケットのような、素朴さとカラフルさが同居した演奏を聴かせてくれる。
アコースティックスタイルだけでなく、エレクトリックスタイルの演奏もきっちりと聴かせる。
アコーディオンが入った曲もあり、ルーツィー・ポップな味わいもあるアルバムである。

|

« CD聴盤日記:ギター・ポップ~パワー・ポップ Richard MacLemale、Peter Baldrachi、Cotton Mather | トップページ | CD購入日記:ショック!! »

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記:Bill Mallonee、Anton Barbeau:

« CD聴盤日記:ギター・ポップ~パワー・ポップ Richard MacLemale、Peter Baldrachi、Cotton Mather | トップページ | CD購入日記:ショック!! »