« TADオーナーズクラブイベントに参加しました。 | トップページ | CD聴盤日記:ルーツ系3枚。Mary Karlzen, Larry Cran, Levee Town。 »

2012年2月22日 (水)

CD聴盤日記 Steve Gibbons Band 3枚です。

今日はイギリスのパブ・ロック~ルーツ・ロッカー Steve Gibbons のCDをまとめて3枚聴きました。

Steve Gibbons "Any Road Up/Rollin' On"
Steve_gibbons_any_road_uprollin_on 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ルーツ・ロック
感想:イギリス産のルーツ・ロッカーの76年よ77年のアルバムを5曲のボーナストラック付きでCD化。
1枚のCDに収録というパターンではなく、2枚のCDになっている。
とは言え、"Any Road Up"の方は、単独でCD化もされていて、更に、別のアルバムとの組み合わせでのCD化もされているという人気アルバム。
私も単独CDで持っているので、今回のCD購入の動機は、"Rollin' On"の方にある。
この77年のアルバムは単独でのCDがなく、探していたもの。
演奏は、当たり前と言えば当たり前であるが、70年代ロック、それもSSW物の雰囲気なアメリカン・ロックである。
Dave Edmunds 風のパブ・ロッキーなロカビリー風ロックンロール、カントリー・テイストの軽快な曲、ブルージーな曲、フォーキーな優しい曲等、一本調子にならない演奏を聴かせる。

Steve Gibbons "Dylan Project, Vol. 2"
Steve_gibbons_dylan_project_vol_2 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:98年に"Dylan Project"がリリースされたが、今回はその続編。
2010年のリリースなので、丸一回り振りということになる。
緊張感というよりはリラックスした演奏が多く、アコーディオンのフィーチャーを含めてカントリームードが全体に漂い、ベテランの味わい十分である。
 
 

Steve Gibbons Band "There And Now Volume 1"
Steve_gibbons_band_there_and_now_vo 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:ベテランnルーツ・ロッカーのベスト盤。
とは言え、これがなかな面白い構成となっている。
2枚組みであるが、1枚は過去、2枚目は現在という組みわせ。
但し、詳細な録音年等はブックレットにも記載がなく、不明なのが残念。
過去作はやはり、70年代アメリカン・ロックそのもの。
しかし、現在の方は、カントリー調も感じさせるルーツ・ロックとなっている。
それぞれ22曲、20曲の収録とボリューム感も十分。
Steve Gibbons の魅力を十分に感じることの出来る編集盤である。
尚、Vol.2 は今年の始め頃にリリース予定となっているので、それも楽しみである。

|

« TADオーナーズクラブイベントに参加しました。 | トップページ | CD聴盤日記:ルーツ系3枚。Mary Karlzen, Larry Cran, Levee Town。 »

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

パブ・ロック」カテゴリの記事

コメント

in the heat of nightさん、初めまして。
拙ブログへのご来訪、そしてコメントをありがとうございます。
Maggie Brown、不勉強で初めて知りました。
ネットで試聴しました。
すごい良いですね。
どストライクです。
買わなくちゃです。
CDアルバムのジャケットで見る限り、普通のメジャー系ポップスのように見えましたが、音を聴いて驚きました。
格好良いルーツ・ロックですね。
思い浮かべたのは、Susan Marshall という女性ロッカーです。
彼女のアルバム" I Used To Hate Honky Tonks" "My Own Time"辺りです。
スワンプとはちょっと違うかも知れませんが、泥臭さが最高です。
Scott Tutt というプロデューサーの力が大きいように思います。
彼のプロデュースしたバンドで、The Dusters というバンドがいます。
同名異バンドもいますの注意が必要ですが、"Unlisted Number"、"This Ain't No Jukebox"辺りのアルバムが格好良いです。
そしてスワンプという意味では、私的にはやはり Tail Gatorsです。
これも又同名異バンドがいて要注意ですが、"Swamp's Up!"、"Swamp Rock"、"Mumbo Jumbo"、"Ok Let's Go"、"Tore Up"といったアルバムは本当に熱さムンムンで本当にスワンピーだと思います。
こんな感じですが、よろしくお願いします。

投稿: CDバカ | 2013年3月17日 (日) 23時05分

最近には珍しくなったルーツロックのHPを発見し、興味深く読ませていただきました。今は無きマイルスの通販が健在の頃は盛んに購入しましたが最近はルーツロックからは遠さかっていました。泥臭いスワンプやレイジーな英国スワンプに目がないです。この手の音楽で最近の出色がありましたらご紹介下さい。私的には数年前に出た女性スワンパーマギーブラウンのセカンドが出ないか気になっている今日この頃です。

投稿: in the heat of night | 2013年3月17日 (日) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記 Steve Gibbons Band 3枚です。:

« TADオーナーズクラブイベントに参加しました。 | トップページ | CD聴盤日記:ルーツ系3枚。Mary Karlzen, Larry Cran, Levee Town。 »