« CD聴盤日記(10/31):フランスのギター・バンド Kid Pharaonn。 | トップページ | CD購入日記(11/3)その1:パンク系。Spiders、The Hammersmith Gorillas 。 »

2012年11月 1日 (木)

CD聴盤日記(11/1):ルーツ・ロッカー Sulo(ex. Diamond Dogs)のソロプロジェクト。

Sulo & Idde 'Kocksgatan Revisited'
Sulo_idde 好度:5
ジャンル:ルーツ・ポップ~フォーク・ロック
感想:
スウェーデン産のルーズでダーティーな魅力タップリなロックンロール・バンド Diamond Dogs のフロントマン、Sulo のソ
ロプロジェクトで、2011年のアルバム。
これまでのソロ作は数枚リリースしているが、基本はバンドと同スタイルのバッド・ボーイズか、アメリカーナ色濃厚なルーツ・ロ
ック。
しかし、このソロ・プロジェクトではのっけから趣を異にしている。
コンセプトはズバリ、ポップス。
メジャー系ポップスを思わせるようなシンセ音すら大胆に導入している。
しかし、メジャーポップスのような下品さがなく、基本はあくまでアコースティックな手作り感重視のサウンド。
横ノリ系の爽やかな楽曲は今の季節にピッタリ。
特に女性ボーカルの曲などは、Kate Jacobs とか Kennedys を思わせるほど。
涼しげな乾いた風を感じさせる演奏のオンパレード。

Sulo Moter Brunner 'I Manen Pa Mattan'
Sulo_moter_brunner 好度:5
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:
同じく Diamond Dogs フロント・マン Sulo のこれは08年のソロプロジェクト。
タイトルの英語訳は "Sulo Meets Brunner"。
スウェーデンの作家・詩人Ernst Brunnerとのコラボ作で、彼の詞に曲を付けたアルバムである。
このアルバムの存在を知ったのは、数年前。
色々探したが、スウェーデンからのリリースということもあり、取り扱いショップ自体が全く見つからない状態が何年も続いていた

アマゾン等でダウンロード販売だけは目にするようになったものの、ダウンロードに走るようでは、「CDバカ」の名がすたる。
CD媒体での販売ショップを探し続けていたのであるが、遂に購入が出来た。
と言っても、結果はアマゾン。なぜか急に普通に取り扱いがされるようになったのである。
嬉しいやら拍子抜けやら。でも嬉しい!!
さて、内容であるが、このジャケット雰囲気から、枯れた味わいのフォーク系を想像していた。
しかし、一曲目で出てきた音はドライブ感タップリのパワフルなルーツ・ロック。
出だしだけかもと思いきや、全編、バンド編成でのパワフルな演奏となっていた。
このくつろいだ雰囲気のジャケットに騙されてはいけない。
緊張感溢れるパワフルなルーツ・ロックにノック・アウトである。
勿論、カントリー、フォーク系の穏やかな顔も見せてくれ、これが又良い箸休め。
大人のアメリカーナ・ルーツ・ロックアルバムである。

|

« CD聴盤日記(10/31):フランスのギター・バンド Kid Pharaonn。 | トップページ | CD購入日記(11/3)その1:パンク系。Spiders、The Hammersmith Gorillas 。 »

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(11/1):ルーツ・ロッカー Sulo(ex. Diamond Dogs)のソロプロジェクト。:

« CD聴盤日記(10/31):フランスのギター・バンド Kid Pharaonn。 | トップページ | CD購入日記(11/3)その1:パンク系。Spiders、The Hammersmith Gorillas 。 »