« CD聴盤日記(11/24):ルーツ系。Ledfoot(Tim Scott McCornell)、Minta & the Brook Trout。 | トップページ | CD聴盤日記(12/1,2):80年代USインディーズ系バンドとルーツ系。The Silos、Shurman、Dan Stuart(Green On Red)、Paul KellyPatterson Hood。 »

2012年11月25日 (日)

CD聴盤日記(11/25):ユーロトラッド系。Mr.Irish Bastard、Flatfoot 56、Ahead To The Sea、The Krusty Moors、The Mighty Regis。

Mr.Irish Bastard "Never Mind the Bastards Here Is Mr. Irish Bollocks"
Mrirish_bastard 好度:4
ジャンル:トラッド・ロック
感想:
バンド名通り、Pogues 直系の活きの良いアイリッシュ・パンクが爽快。
アコーディオン、ホイッスルで奏でられるユーロ・トラッド特有の哀愁味タップリの楽曲が、性急なリズムにドライブされて怒涛の
ごとく音圧となって押し寄せてくる。
トラッド・ロック特有の高揚感に満ちた演奏で気分も大きくなってくるようである。

Flatfoot 56 "Black Thorn"
Flatfoot_56 好度:4
ジャンル:トラッド・パンク
感想:
こちらは、ストリート・パンクとユーロトラッドの融合。
Dropkick Murphys タイプのバンドであり、パンク度はかなり高い。
ボーカルなどは完全にハードコアとも言えるほどのダミ声。
これがバグ・パイプ、マンドリンと言ったトラッド御用達楽器群と出会って、独特の哀愁感タップリのパンクロックを生み出してい
る。

Ahead To The Sea "…STILL ANGRY, STILL HAPPY"
Ahead_to_the_sea 好度:4
ジャンル:トラッド・ロック
感想:
ドイツ産のバンド。このバンドの特徴はアコーディオンとフルート。
アコーディオンをフィーチャーするバンドは珍しくはないが、メイン楽器としてサウンドの要となると話は別。
Midnight To Six というスイスのトラッドバンドや、バスク地方のトラッドとポップスを融合したトリキ・ポップのサウンドを思わせる。
アコーディオンがバンドアンサンブルの中心で演奏全体を牽引しているのである。
但し、ケイジャン~ザディコやテキサス系の泥臭さはなく、かと言って、フランス産ミュゼットのようなオシャレな感じでもない。
やはりバスクのトリキーシャに似た音色と演奏の雰囲気なのである。
そして極めつけはフルート。
笛系と言えば、ホイッスルかリコーダーなのであるが、このバンドはフルートなのである。
じゃあ、クラシカルな演奏かというととんでもない。
とてもパンキッシュな速弾きスタイル。
このパンクとクラシック楽器の融合が独特なのである。

The Krusty Moors "ALL KRANKED UP"
Krusty_moors 好度:4
ジャンル:トラッド・ロック
感想:
ドイツ産のトラッド・ロックバンド。
これはライブ盤。アコースティックなサウンドながら、アイリッシュ特有の節回しとドラム入りの編成から、パワフル感は十分。
Pogues のようなガシャガシャした賑やかなお祭りさわぎのような演奏ではなく、Oyster Band や Men They Couldn't Hang を思わせる 正統派のトラッド系である。
ギター、ベース、ドラムにフィドルとマンドリンが絡むという至ってシンプルな編成。
これがライブ演奏にピッタリマッチ。
陽気でのどかな演奏と、郷愁感タップリのメロディーが心地よい。

The Mighty Regis "21 ~Deluxe Edition"
Mighty_regis 好度:4
ジャンル:トラッド・ロック
感想:
7人編成の大所帯バンド。彼らはアイルランド出身の正にアイリッシュバンド。
これまた Pogues 系というよりは Oyster Band タイプの演奏を聴かせてくれる。
主要楽器はアコーディオンとマンドリン。ホイッスルやリコーダーが無い分、Pogues のようなお祭りムードは薄い。
しかし速弾きマンドリンがこのバンドの看板のようで、パンキッシュな勢いは十分。
ボーカルは時々女性ギタリストが担当し、しっとりとした味わいを出している。
トラッド特有の哀愁味とパンキッシュなパワフルさの相性はバツグンである。

|

« CD聴盤日記(11/24):ルーツ系。Ledfoot(Tim Scott McCornell)、Minta & the Brook Trout。 | トップページ | CD聴盤日記(12/1,2):80年代USインディーズ系バンドとルーツ系。The Silos、Shurman、Dan Stuart(Green On Red)、Paul KellyPatterson Hood。 »

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ユーロ・トラッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(11/25):ユーロトラッド系。Mr.Irish Bastard、Flatfoot 56、Ahead To The Sea、The Krusty Moors、The Mighty Regis。:

« CD聴盤日記(11/24):ルーツ系。Ledfoot(Tim Scott McCornell)、Minta & the Brook Trout。 | トップページ | CD聴盤日記(12/1,2):80年代USインディーズ系バンドとルーツ系。The Silos、Shurman、Dan Stuart(Green On Red)、Paul KellyPatterson Hood。 »