« CD聴盤日記(12/16):ルーツ系。Jason Isbell、The Decemberists、Steve Forbert。 | トップページ | CD聴盤日記(1/12、1/13):パワー・ポップ系。EXLOVERS、The Cast、Doctor Explosion、Honest John Plain、Sugar Stems。 »

2012年12月18日 (火)

CD聴盤日記(12/18):ルーツ系です。Big Al Anderson、Shamarr Allen & Paul Sanchez、Bob Collum。

Big Al Anderson "Strings"
Al_anderson 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:
元NRBQの Big Al の最新ソロ作。
このアルバムでは、タイトル通り、弦楽器にこだわったアコースティックなフォーク・ロックをタップリと聴かせている。
バックも、Glenn Wolf、Richard Benett、Vince Gill、Jerry Douglasといった強者たちが、ストリング・ベース、ギター、マンド
リン、ドブロで手堅くサポート。
そこに、アコーディオン、オルガン、ピアノ等の楽器が控えめながら華を添えている。
Q時代のようなポップさは影を潜め、伝統的とも思えるようなカントリー・フォークの世界を作り出している。
普通であれば、地味で暗いムードの、このカントリー・フォークの世界も、Al の手に掛かると、ちょっぴりだけど、トボけた味わ
いが感じられ、ホワっとした雰囲気になって、優しげなのである。
さすが、Big Al!!

Shamarr Allen & Paul Sanchez "Bridging The Gap"
Paul_sanchez 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:
ニュー・オーリンズ産のルーツ・ロックバンド Cowboy Mouth のフロントマン Paul Sanchez のソロプロジェクト。
もう10以上枚はリリースしているソロ作であるが、どんどん地味系のフォークスタイルになっていて、寂しい思いをしていた。
この新たなコンビプロジェクトの雰囲気は、ジャケットからして、ブルース。
フォークの次はブルースかと、やっぱり少し寂しさを残しながらプレイボタン。
そしたら、出てきたのはギターとトランペットの見事なアンサンブルによるルーツ・ロック。
ドラムもしっかりと入ったロッキン・バンド編成での演奏である。
そう、Shamarr Allen はトランペット奏者なので、ブルースというわけではなかった。
2曲目はッミドルテンポのリズムが縦に刻まれたパワフルなR&Bスタイルのロックンロール。
以降も、地味さとは無縁の、適度なノリを持った明るい雰囲気のルーツ・ロック。
この明るい雰囲気を演出してくれているのが、トランペットの音色。
全編にトランペットがフィーチャーされ、どこかマリアッチ風味のような感じもして、ロックに実に良くマッチしている。
ロックにホーンと言えば、サックスと思うのであるが、トランペットも明るい音色で良くマッチする。
以外な発見をさせてくれたアルバムである。

Bob Collum "Twisted Lines & Mixed Up Rhymes"(09年)
Bob Collum "The New Old Thing"(11年)
Bob Collum "The Ungrateful Depression"(12年)

Bob_collum_twisted_lines_2Bob_collum_new_old_thingBob_collum_the_ungrateful_depressio   好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック~オルタナ・カントリー
感想:
97年にデビューし、ほぼ4年毎にアルバムをリリースしていて、07年までに4枚のアルバムをリリースしていた。
しかし07年からはリリース間隔が半分に縮まり、2年毎のリリースとなっていて、今回紹介の3枚のアルバムをリリースした。
只残念なのは、各アルバムの収録曲数も半分になってしまったこと。
ん~、結局は4年毎のフルアルバムと変わらんということか...。
でも、最新作は今年12年物で、更に1年に縮まっている。フルアルバムのリリースも間近かも知れない。
このアーティストを追いかける切っ掛けになったのは、彼のデビューアルバムを Skeletons のLou Whitney が行なっていたことを
知ったこと。
00年の2ndアルバムもプロデュースを Lou Whitney が行なっており、演奏メンバーも Skeletons の面々が加わっていた。
以降このルーツ・ロッカーを追い掛けている。
今回の3枚のミニアルバムであるが、演奏はペダルスチールの音色が印象的なオルタナ・カントリー。
フルバンド編成でのパワフルな演奏のルーツ・ロックスタイルで聴かせている。
しかし楽曲は明るくポップで、どことなく、アメリカン・ロックというよりは、パブ・ロック系のポップなカントリー・ロックを感
じさせてとても楽しい。
Nick Lowe や Costello 系のパブ・ロック系の軽いノリの明るい演奏が楽しめる。
気持ちよく聴きながらあっという間に3枚を聴き終えてしまい、良い意味での物足りなさ感一杯となってしまった。
この3枚のアルバムはいずれもプロデュースは Pat Collier。
パンク~パブ・ロック系のバンドのプロデュースで名前を見ていたプロデューサーで驚きである。
12年作では、演奏に Martin Belmont が参加していた。
演奏全体の雰囲気がどことなく、パブ・ロック系のカントリー・ロックに近いのはこのおかげかと納得。

|

« CD聴盤日記(12/16):ルーツ系。Jason Isbell、The Decemberists、Steve Forbert。 | トップページ | CD聴盤日記(1/12、1/13):パワー・ポップ系。EXLOVERS、The Cast、Doctor Explosion、Honest John Plain、Sugar Stems。 »

CD」カテゴリの記事

ルーツ・ロック/オルタナ・カントリー」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

コメント

Hello, Mr.Bob.
Thank you for your visiting to my Blog and for your writing your coments.
I am very glad to hear your talking !!
I am looking forward to your new full album!!
Thanks again.

投稿: CDバカ | 2012年12月19日 (水) 20時30分

Thank you so much for the review!!!
Bob Collum x

投稿: Bob Collum | 2012年12月19日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544235/56346667

この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(12/18):ルーツ系です。Big Al Anderson、Shamarr Allen & Paul Sanchez、Bob Collum。:

« CD聴盤日記(12/16):ルーツ系。Jason Isbell、The Decemberists、Steve Forbert。 | トップページ | CD聴盤日記(1/12、1/13):パワー・ポップ系。EXLOVERS、The Cast、Doctor Explosion、Honest John Plain、Sugar Stems。 »