« 読書日記(1/14):傅信幸のオーディオ読本「美しい響きの探求」 | トップページ | CD購入&聴盤日記(2/21):天地真理、Paul Sanchez、Susan Cowsill 他 »

2013年1月14日 (月)

CD聴盤日記(1/14):パブ・ロックです。Billy Bremner、Trouble Boys、Teddy & The Tigers。

Billy Bremner "Billy Bremners Rock Files"
Billy_bremner 好度:5
ジャンル:パブ・ロック~ロックンロール
感想:
Rockpile は健在!!
Refreshments の面々をバックに従え、腰軽ロックンロールを飄々と決める。
独特なムギムギギターも心地よく、金太郎飴ロックンロールパーティである。
しかし、このアルバムでは、金太郎飴が少し変わった。
三曲目で、バラード調が登場してしまった。
何という変化!!
しかし変化はこれだけ。
以降はこれまで通りの彼のロックンロールである。
永遠のパブ・ロックンローラーである。

Trouble Boys "Bad Trouble"
Trouble_boys_1 好度:4
ジャンル:パブ・ロック
感想:
スウェーデン産の3人組バンド。
このアルバムは11年作で、Billy Bremner、Sean Tyla をゲストというか、メンバー的に迎えて製作されている。
Billy がメインボーカルをとっているようで、このスタイルで思い浮かぶのが、同じスウェーデン産パブ・ロックバンドの The Refreshments。
Billy が以前組んでいた伝説的なパブ・ロックバンド Rockpile を彷彿とさせるというか、そのものとしか言えないようなご機嫌な演奏を聴かせてくれている。
今回のこの Trouble Boys は果たして。
結果は、このゲスト(?)陣で期待した通りのパブ・ロックンロールを披露!!
Rockpile 色濃厚な演奏で、どこまでも軽快で尻軽で能天気とも思えるパブ・ロックンロールの嵐!!
いつまでも何曲でも聴き続けていたい金太郎飴ロックンロールアルバムである。

Trouble Boys "We Keep the Drapes Alive"
Trouble_boys_2 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ロカビリー
感想:
こちらは12年作。
トリオでの演奏で、今回は Billy や Sean 等のゲスト参加は無し。
しかし、Rockpile 系ロックンロールは健在。
只、彼らの本来のスタイルであろうロカビリー色がより前面に出ており、カントリー調も披露。
ノリの良さは前作同様で、軽快なロックンロールを堪能出来るアルバムである。

Teddy & The Tigers "Golden Years"
Teddy_and_the_tigers 好度:4
ジャンル:ネオ・ロカ
感想:
フィンランドの80年代のネオ・ロカバンドのコンピレーションCD2枚組みで、全42曲入り。
初物バンドであるが、このジャケット雰囲気にやられた。
オーセンティック系ではないポップ・ロカビリー。
明るいメロディーと気持良いノリのネオ・ロカ。
アメリカ産のような泥臭さはないけど、決してオシャレじゃない。
60年代ポップスのエッセンスも十分でオールディーズ風味の効いた演奏が切なさを感じさせてくれる、Shakin Stevens 系のネオ・ロカである。

|

« 読書日記(1/14):傅信幸のオーディオ読本「美しい響きの探求」 | トップページ | CD購入&聴盤日記(2/21):天地真理、Paul Sanchez、Susan Cowsill 他 »

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ロカビリー~カウ・パンク」カテゴリの記事

パブ・ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD聴盤日記(1/14):パブ・ロックです。Billy Bremner、Trouble Boys、Teddy & The Tigers。:

« 読書日記(1/14):傅信幸のオーディオ読本「美しい響きの探求」 | トップページ | CD購入&聴盤日記(2/21):天地真理、Paul Sanchez、Susan Cowsill 他 »